プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

SKE48、新成人6人が華やかな振袖姿で決意語る 石塚美月「なりたい大人に少しでも近づけるよう」

熱田神宮で行われたSKE48の成人式に出席した(左から)川嶋美晴、岡本彩夏、野村実代、水野愛理、伊藤実希、石塚美月 (C)2023 Zest, Inc. / 衣装協力 株式会社清水屋の画像

熱田神宮で行われたSKE48の成人式に出席した(左から)川嶋美晴、岡本彩夏、野村実代、水野愛理、伊藤実希、石塚美月 (C)2023 Zest, Inc. / 衣装協力 株式会社清水屋

 アイドルグループ・SKE48が9日、愛知・熱田神宮にて成人式を行い、今年20歳を迎えた石塚美月、野村実代、伊藤実希、岡本彩夏、川嶋美晴、水野愛理の6人が華やかな振袖姿を披露した。

【集合ショット】艶やかな着物で…笑みを浮かべる新成人メンバー

 民法改正により昨年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられたが、同グループはこれまでと同様に20歳を迎えたメンバーを対象に成人式を実施した。参加した6人は、厳かな雰囲気の中で祈祷を受けた後、報道陣の取材に応じた。

 抱負を聞かれた石塚は、「強くたくましい女性になる」と宣言。「挑戦することに臆病にならないように」と言葉を続けた。野村は「人に優しく、自分にもっと優しくすることが目標」とし、伊藤は「余裕のある大人になる」と語る。岡本は「Team KIIオリジナル新公演の中の楽曲にある『未来は試されている』の歌詞、“誠実は美しい”をテーマに人生を生きる」と誓い、川嶋は「四字熟語の“天衣無縫”。着飾らずにありのままの自分を見てほしい」と伝えた。

 水野は「大人に怒られない!」と会場の笑いを誘うと、「12 歳からSKE48 に加入していろんな迷惑をかけてきたので、20歳は『やるときはやる人だ』と思ってもらいたい」と力強く話した。

 さらに恒例の「今年の新成人を表現するなら何世代?」という問いには、「闘魂世代」「我(が)世代」「ギラギラ世代」と、6人全員の我が道を行くタイプという個性から考えられた名前が挙がり、それぞれがこれからの飛躍に目を輝かせた。

 きょう9日よるには、SKE48劇場にて新成人メンバーによるイベントも開催される。

■石塚美月コメント
「20歳はとても大人な感じがしていましたが、まだ自分は子供のままだなと思うので、20歳の1年は自分のなりたい大人に少しでも近づけるように努力したいと思います。そしてアイドルとしても成長できる1年にしたいです」

■野村実代コメント
「振り返ってみればSKE48に全力で青春を捧げた10代でした。感謝の気持ちと、舞台に立つ人としての覚悟と、いつまでも忘れない貪欲さ。大人にはなるけれど、気持ちは野村実代らしくこれからもがんばります」

■伊藤実希コメント
「大人の余裕を感じさせられるような人になりたいです。そして感謝の気持ちを忘れず、応援してくださるファンのみなさんの笑顔をたくさん見られる活動をしていきたいです」

■岡本彩夏コメント
「16歳でSKE48に加入して、あっという間に20歳になりました。私は何か突出した才能や特徴がある人間ではないですが、自分にはもったいないくらいの恵まれた周りの環境に感謝して、アイドルと誠実に向き合う人になれるよう努力します」

■川嶋美晴コメント
「SKE48としていろいろな経験をさせていただいてきたものを20歳は開花させたいです。20歳の自覚をきちんと持ち、今までたくさん支えてくれた家族や、ファンのみなさまに恩返しできるような素敵なアイドルになります」

■水野愛理コメント
「小学生で加入して、あっという間に大人になりました。今までたくさんの方をヒヤヒヤさせ続けたので、20 歳はもう少し色んな方に頼ってもらえるような大人になりたいと思います。ですが、私は自分らしく、これからも自由奔放な私を好きでいてくれるファンの方に感謝の気持ちを忘れず、SKE48の活動を自由に楽しんでいきたいと思います」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ