プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『プリキュア』新作は「節目の年の集大成」 シリーズ第20弾でテーマはヒーロー 関係者コメント公開

『ひろがるスカイ!プリキュア』のキービジュアルの画像

『ひろがるスカイ!プリキュア』のキービジュアル

 人気アニメ『プリキュア』(ABC・テレビ朝日系で放送中 毎週日曜 前8:30)の新シリーズ(第20弾)『ひろがるスカイ!プリキュア』の新情報が発表された。モチーフは果てしなく広がる『空』でテーマは『ヒーロー』。天空の世界「スカイランド」と自然に囲まれた「ソラシド市」、二つの都市を舞台に新たなプリキュアが活躍ストーリーとなる。

【画像】ヒーロー感すごい!公開された新プリキュア&キャラの設定画

 キャストはソラ・ハレワタール/キュアスカイ役を関根明良、虹ヶ丘ましろ(にじがおか ましろ)/キュアプリズム役を加隈亜衣、エル役を古賀葵が担当する。

 2004年の『ふたりはプリキュア』からスタートした『プリキュア』シリーズは、現在は第19弾『デリシャスパーティ◆プリキュア』(◆=ハートマーク)が放送中。

 今回の新シリーズについて鷲尾天(わしお たかし)エグゼクティブプロデューサー(東映アニメーション)は、「これまで多くのテーマ、モチーフを冠してきたプリキュアですが、今作はテーマが「ヒーロー」、そして「空」がモチーフです。果てしなく広がる「空」、どこまでも青く澄み渡り、透明感溢れる壮大な世界。皆さんがイメージする「空」を体現するキャラクターが今作の主人公です。さあ、一緒にソラの世界へ羽ばたきましょう!「ひろがるスカイ!プリキュア」、どうぞお楽しみください!」と呼びかけ。

 田中昂(たなか あきら)プロデューサー(ABCアニメーション)は「本作「ひろがるスカイ!プリキュア」のテーマ、それは「ヒーロー」です。プリキュアシリーズは「変身ヒロイン」という言葉で表現されることもありますが、今回、私たちはあえて「ヒーロー」をテーマに選びました」と説明。

 「『ふたりはプリキュア』からスタートしたプリキュアシリーズも20作目。多様に進化しながら、ひろがっていくプリキュアの歴史の中で変わらずに描き続けてきたこと、それは困難な道を自らの手で切り開き、先頭に立ってみんなを勇気づけてきた彼女たちの姿です。その姿を「ヒロイン」から「ヒーロー」として改めて捉え直したい、そういう思いでこのテーマを選びました」。

 「主人公の“ソラ”はヒーローに憧れを抱く女の子です。「ヒーローになりたい!」と願い、どこまでもひろがる青い空の先へ突き進みます。生まれ育った世界を飛び出し、“ましろ”やたくさんの仲間と出会うことで自分らしい「ヒーロー」を見出しながら成長していきます。そんな彼女を通じて「プリキュア」らしいヒーロー像を丁寧に描いていきたいと思っています」。

 「夢を見ること、あきらめないこと、人を許すこと、仲間を信じ前向きに頑張ること、そしてその瞬間を分かち合うこと…プリキュアシリーズが紡いできたヒーローとしての姿を、節目の年の集大成としてお届けいたしますので是非ご覧下さい!」と伝えた。

■あらすじ
平和な【スカイランド】に大事件発生!?
まだ幼いプリンセス【エルちゃん】がアンダーグ帝国の怪物につれさられてしまった!

勇敢な少女【ソラ】はプリンセスを追ってふしぎな穴へ。その先はなんと別の世界の【ソラシド市】につながっていて……!?

『テレビ』? 『自動車』!? それって魔法の道具ですかっ!?!?
でも驚いているひまなんかない! 早くプリンセスをお城に帰してあげなくちゃ……! 

ふたつの世界を飛びまわれ! プリキュアたちの冒険がいま始まる!

■シリーズ一覧
2004年『ふたりはプリキュア』
2005年『ふたりはプリキュア Max Heart』
2006年『ふたりはプリキュア Splash☆Star』
2007年『Yes!プリキュア5』
2008年『Yes!プリキュア5 GoGo!』
2009年『フレッシュプリキュア!』
2010年『ハートキャッチプリキュア!』
2011年『スイートプリキュア♪』
2012年『スマイルプリキュア!』
2013年『ドキドキ!プリキュア』
2014年『ハピネスチャージプリキュア!』
2015年『Go!プリンセスプリキュア』
2016年『魔法つかいプリキュア!』
2017年『キラキラ☆プリキュアアラモード』
2018年『HUGっと!プリキュア』
2019年『スター☆トゥインクルプリキュア』
2020年『ヒーリングっど◆プリキュア』(◆=ハートマーク)
2021年『トロピカル~ジュ!プリキュア』
2022年『デリシャスパーティ◆プリキュア』(◆=ハートマーク)
2023年『ひろがるスカイ!プリキュア』

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ