プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

安住紳一郎、新型コロナ感染で『Nキャス』休演 三谷幸喜が“代役”&日比麻音子アナがスタンバイ

安住紳一郎アナ (C)ORICON NewS inc.の画像

安住紳一郎アナ (C)ORICON NewS inc.

 7日放送のTBS系『情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)では、安住紳一郎アナが新型コロナウイルス感染に伴い、冒頭から三谷幸喜氏がひとりで進行を担当することとなった。不測の事態に備えて、日比麻音子アナがスタンバイしている。

【動画】『日曜天国』名物リスナーが『THE W』ファイナリスト 決勝で披露したネタ

 三谷氏は「2023年最初の放送となります。第1回目から波乱の展開となっております。安住さんがおやすみということで、ちょっとお願いします」と切り出すと、安住アナの等身大パネルが登場。パネルに向かって「あなたも忙しい方なので、体を静養されて、ゆっくりと。舞台の代役から解放されたと思いきや、まさかまた代役をやることとは思ってなくて」と呼びかけていた。

 その上で、日比アナが緊急時の対応などを担うべく、待機していることが明かされた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ