プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

たけし軍団40周年記念公演が決定 8人の生き様がぶつかり合う

たけし軍団結成40周年記念、舞台『ウスバカゲロウの男たち(仮)』上演決定の画像

たけし軍団結成40周年記念、舞台『ウスバカゲロウの男たち(仮)』上演決定

 「いい加減に泣き止まないとホントに怒るからね!」の親の声に泣き止むことのなかった子どもが「泣くの止めないとたけし軍団に入れるよ!!」でピタリと泣き止んだ伝説の1980~90年代。「石原軍団」「日光猿軍団」と並び、日本3大軍団に君臨した「たけし軍団」が、1983年の結成から40周年を迎える。これを記念した舞台『ウスバカゲロウの男たち(仮)』が、3月8日~12日、東京・新宿のシアターサンモールで上演されることが決定した。

【画像】彼らの師匠はビートたけし

 つまみ枝豆、ダンカンプロデュースで、軍団8人のそれぞれ生きてきた価値観、TAP社長となったつまみ枝豆、コメンテーターのガダルカナル・タカ、鑑定男・松尾伴内、サンスポ阪神コラム30年連載中・虎命のダンカン、演芸場の舞台に立つグレート義太夫、『旅サラダ』を25年務めたラッシャー板前、熊本でタレントとパブ経営の二刀流・井手らっきょ、静かなる存在感俳優・柳憂怜が、舞台でぶつかり合う、笑いと涙の昭和スパイス令和人情物語。

 物語の舞台は、1000人近くの従業員を抱える中堅家電メーカー。創業者・松賀大作が亡くなり、次期社長は創業時から会社を支えてきた役員8 人から選ばれることとなったのだが、8人が8人全員「自分が社長に!」と主張しはじめ、役員会議は支離滅裂の大混乱へ…。

 「商品開発の天才」「宣伝の神様」などと崇められる各役員であったが、社長になったら「社員の休みを年間200日に!」と主張する者、中には「カッコイイから一度社長と呼ばれたい!」という者まで出る始末。要するに経営者の資質は誰一人持ち合わせていなかったのだった。そして、8人の渦巻く野望は創業以来の固い一枚岩にまでひびが入り始め、その結果会社存続の危機にまで発展していく。

 社長のイスを巡って繰り広げられる風景は、まるで子どもがそのまま大人になってしまったような錯覚さえ覚える有り様。チャールズ・チャップリンの「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。」の言葉のごとく、大爆笑とちょっぴりの涙のたけし軍団ワールドが繰り広げられる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ