プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

東山紀之、『必殺仕事人』“卒業”遠藤憲一の再出演を熱望「ユー、やっちゃいなよ」

テレビ朝日ドラマSP『必殺仕事人』囲み取材に出席した(左から)知念侑李、遠藤憲一、東山紀之、松岡昌宏、和久井映見 (C)ORICON NewS inc.の画像

テレビ朝日ドラマSP『必殺仕事人』囲み取材に出席した(左から)知念侑李、遠藤憲一、東山紀之、松岡昌宏、和久井映見 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の東山紀之が6日、都内で行われたABC・テレビ朝日系スペシャルドラマ『必殺仕事人』(8日、後9:00)の取材会に参加した。今作で15年放送の『必殺仕事人』から瓦屋の陣八郎役でレギュラー出演してきた遠藤憲一の卒業。東山は「しれっと出たらみんな気づかない。出ちゃえばいいよね。ユー演っちゃいなよ」と再出演を熱望した。

【写真】遠藤憲一に笑顔でツッコむ東山紀之、松岡昌宏、知念侑李ら

 1972年の『必殺仕掛人』スタート以来、“必殺シリーズ”は今年で50周年。藤田まことさんからバトンを受け継いだ、東山版『必殺仕事人』は、2007年にスタート。渡辺小五郎役の東山のほか、当初から出演している経師屋の涼次役・松岡昌宏、花御殿のお菊役・和久井映見の3人も15周年を迎える。

、この日は松岡昌宏(TOKIO)、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、和久井映見らレギュラーキャストが集合。1985年にまだ20代で同シリーズ初出演した遠藤は「20代のときに切られ役で出演させていただき、7年前ゲストで出演したらそのまま『レギュラーでいきます』と言われてすっごいうれしくて。また急に終わりますと言われて…。喜んだり落ち込んだり大変。本当に大好きな作品なので寂しいです」と名残惜しそう。

 さらに遠藤は「卒業ってことでどうなるか想像つくと思うんですけど、一番最後の姿は予想だにしないことが台本に描かれていた。視聴者が見て成立している状態なのか、終わり方がこれでいいのか不安。見ようによってはもう一回出てこられる状態で終わってる」と主張。松岡から「未練たらったら!」とツッコまれた。

 さらに、長く時間をともにした和久井も「いつもみなさんの横顔が見えてかっこよくていらっしゃる。撮影の現場でわになって座ってらしてすごく楽しそうな側に立っているのがすきで。また遠藤さんが出てくださって、輪になって座ってらっしゃるところに寄り添いたい」と願うと、遠藤は「プロデューサー、よろしくお願いします!」と呼びかけていた。

 会見の最後には、遠藤に大きな花束を知念から贈呈され、東山からは“お年玉”をプレゼント。「お花大好き!もらうもので一番大好きなのはお花」と喜ぶと松岡は大爆笑。さらに「(お年玉)これ入ってるんでしょ?」と、写真撮影では袋を透かす場面もあり笑いを誘っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ