プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

久保田&貴島・瀬戸&紺野、“結婚生活”を通して夫婦観に変化【『私たち結婚しました4』インタビュー】

『私たち結婚しました4』に出演する貴島明日香&久保田悠来&紺野彩夏&瀬戸利樹【オリコン独占カット】(C)AbemaTV, Inc.の画像

『私たち結婚しました4』に出演する貴島明日香&久保田悠来&紺野彩夏&瀬戸利樹【オリコン独占カット】(C)AbemaTV, Inc.

 ABEMAオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました』のシーズン4(毎週金曜 後11:00)がきょう6日に最終回を迎える。同作は芸能人同士が期間限定の結婚生活を送る様子を届ける、結婚モキュメンタリー番組。シーズン4には、久保田悠来(41)と貴島明日香(26)、瀬戸利樹(27)と紺野彩夏(23)の2組の夫婦が登場している。今回は、久保田&貴島夫婦と瀬戸&紺野夫婦に2組合同でインタビューを実施し、夫婦生活の裏話や番組を通して感じたことなどを語ってもらった。

【写真】ゼロ距離で密着!瀬戸利樹にぎゅっと抱きつく紺野彩夏

■瀬戸&紺野の“究極の焦らしプレイ”を回顧 貴島明日香も喜び「我々のおかげで生まれたシーンだったのね」

 第6話では、夫婦同士が初対面を果たした。両夫婦は、ボーリングデートの後、久保田&貴島夫婦の家で宅飲みすることに。夫と妻それぞれに分かれて準備をすることになり、それぞれが“結婚生活”について相談し合っていた。

 紺野は「私は、明日香ちゃんにアドバイスをいただいて、あの縁側に行ったので。ああいう行動ができたから、そこでまたより距離が縮まった気がすると思います」と初対面後、瀬戸と縁側で晩酌をしたことで生まれた名シーンを振り返った。瀬戸も「僕は逆に、久保田さんに『自分たちらしくいればいいんじゃない?』って言葉をいただいたので、あのときは(キスを)とっておきました」と“究極の焦らしプレイ”の裏側を告白。紺野は「あれは、後でとっておいたんだ」と驚くも、貴島は「我々のおかげで生まれたシーンだったのね」とうれしげだった。

 さらに、貴島は「あのシーンの『罰ゲームじゃないとハグしてくれないの?』は本当にかわいかった」、久保田も「LINEスタンプ作りたいぐらい」と紺野にぞっこん。瀬戸もここだけは誰にも負けない推しポイントとして「あざとさ。俺は好きです。なかなか皆ができることじゃない」と挙げていたあざとさについて貴島も「自然なあざとさ、嫌みのないあざとさをできるのがすごい」と大絶賛だった。

 また、瀬戸は“結婚生活”を通して夫婦への考え方に変化があったという。「結婚生活をする前までは、カップルと夫婦であるべき姿は違うものと思っていたんですけど、いつまでもドキドキしたいなって。慣れたくないなって思いました」と語った。紺野も「もともと想像がついていなかったのですが、お互いが自然体でいられたらすごく良いなと思いました。言いたいことや思いはお互い伝え合うのが良いのかなと思うので大切にできたら」と、夫婦生活で大切にしたいことを明かした。

■久保田&貴島、“夫婦”の魅力語る「自分らしくいられる味方」

 貴島は、久保田の推しポイントを問われると「猛獣っぽい見た目とユーモアあふれる感じのギャップじゃないですか?」と即答。久保田は「猛獣?」と理解が追いついていないようだが「ライオンがおもしろいこと言ってるみたいな」と説明した。これには瀬戸も「僕らと真逆の大人っぽい夫婦だと思っていたんですけど、会ったらユーモアがあふれていてすごくすてきだと思いました。(久保田の)ぼそっとした一言にインパクトがあって、一撃で仕留めるボケ。僕は10球投げてもなんですけど、1球で仕留めるので」と共感していた。

 貴島は、共通の趣味であるゲームやお酒などを楽しみ、「ずっとふざけてる」夫婦だというが、“15歳年上夫”の久保田の包容力には助けられたそう。「伊東への新婚旅行で仕事の話をして泣いてしまったときに、いつもはふざけているんですけど、そのときは大人っぽく肯定しながら『頑張ってるよ。えらい!』と言ってくれて、そのままハグしてくれたのがうれしかったです」と振り返った。

 そして、貴島は“結婚生活”を通して「お互いのすきなものや大事なものを共有しつつ自分らしくいられる味方がいることの心強さは良いなと感じました」と“夫婦”の在り方で気づいたことを語る。久保田も夫婦について「お互いを補完し合える存在」とうなずいていた。一方の久保田は、貴島について「全力投球で、負けず嫌いをいかんなく発揮するところ」が推しポイントだという。

 いよいよきょう6日に迎える最終話に向けて、久保田は「夫婦の関係がより深まった分、終わりを迎える切なさもある」といい、貴島は「終わりを迎える切なさから私の感情も上がったり下がったりとジェットコースターみたい」と気持ちを表現した。これまで、照れや恥じらいはありながらもお互いのことを理解し合い、夫婦としての距離をしっかりと縮めてきた4人が迎えるラストとは。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ