プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

安藤美姫、銀幕デビュー作で恐怖に勝てず「撮影中に怖くて1回泣きました」

銀幕デビュー作で恐怖に勝てなかったという安藤美姫 (C)ORICON NewS inc.の画像

銀幕デビュー作で恐怖に勝てなかったという安藤美姫 (C)ORICON NewS inc.

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫が4日、東京スカイツリータウン内にオープンした『TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK』でスケーティングを披露。その後報道陣からの取材に応じた。

【動画】新年初滑りで華麗なスケーティングを披露する安藤美姫

 イベントでは「アメイジング・グレイス」に乗せて華麗な演技を披露しつつ、トークセッションにも参加した安藤。「昨年は仕事面でいい出会いに恵まれた」などと語り、2023年のさらなる飛躍に意気込んでいた。

 その後の取材では、“仕事面の飛躍”ということで映画『SPELL~~呪われたら、終わり~霊能者・馬飼野俊平の事件簿シリーズ』出演についての話を振られ、「2.5次元の舞台もやらせていただいて、それを観てくださったことをキッカケに、映画に出演させていただくことになりました」と報告。

 「私、ホラーが本当に苦手で。それを監督に伝えたからなのか、怖い役じゃなくてホッとした」と笑いつつ、「それでも撮影中に怖くて1回泣きました」と撮影時のエピソードも明かした。報道陣から「次は銀幕の女王を狙う?」と投げかけられると、「とんでもない!」と照れ。「そんなレベルではないので、付属品として楽しんでいただければ…(笑)」と恐縮していた。

 同スケートリンクは3月12日まで、東京スカイツリータウン4階のスカイアリーナにてオープン。東京スカイツリーを間近に望む絶好のロケーションの中、気軽にアイススケートを楽しむことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ