プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

アミューズ俳優によるハンサムライブ「Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2022 “ROCK YOU! ROCK ME!!”」が開催

アミューズ所属の俳優ユニット「チーム・ハンサム!」(Photo by 古屋呂敏)の画像

アミューズ所属の俳優ユニット「チーム・ハンサム!」(Photo by 古屋呂敏)

 アミューズの俳優によるファン感謝祭「Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2022 “ROCK YOU! ROCK ME!!”」が、昨年12月29日30日にLINE CUBE SHIBUYAにて開催。全3公演で総勢21名の俳優が、各回全22曲、2時間半を超えるステージを披露し、ファンにこの1年の“感謝”を伝えた。

【画像】アミューズ若手俳優が歌とダンスで魅了! 『ハンサムライブ』の模様

 通称『ハンサムライブ』と呼ばれる本イベントは、2005年よりスタートし、今年で17年目を迎える。歌、ダンス、ミュージカル、フィルムなど俳優ならではのエンターテインメントを追求し、これまで数々のスターを輩出しきた。出演者、コンセプトは、毎回変わりつつも、一貫して“ファンに感謝するイベント”として行われ、今回は2017年以来となる年末開催&“俳優が歌って踊る”という原点回帰を掲げて開催した。

 生バンドに細田佳央太が加わってドラムを演奏するサプライズ演出や、ブラックを基調としたきらびやかな衣装を纏った“ハンサム”メンバーによる歌とダンスを披露。また、今回はライブ配信や映画館でのライブビューイング(最終公演のみ)で画面の向こう側で観てくれているファンの呼び名を考案するなど、会場を訪れることができなかったファンたちとのつながりも大切にしている場面もあった。

 イベントもついに佳境に突入。「これがないと『ハンサム』はしまらないんでしょう」と猪塚健太が叫び、ラストナンバー「無礼講!!!」タオルを手に回す“ハンサム”メンバーとペンライトやこぶしを回すファンたちが一体となった空間はまさにライブならでは。初参加から10 年目を迎えた小関は「こうやって笑い合いながら、拍手しながら、ちょっと声を出しながら(笑)、同じ空間を、そして、一緒の時間を過ごせることが本当に貴重だと思っています。今、皆さまからたくさんのエネルギーをいただいたので、来年も頑張れるかなと思います。来年もいい年にしましょう」と最後に呼び掛けた。

 最終公演では細田、小関ら俳優陣が登壇するスペシャルイベント「AFTER HANDSOME CINEMA TOUR “SHOW YOU! SHOW ME!!”」を全国7都市の映画館で開催することを発表。2月11日から大阪、北海道、愛知、福岡、広島、宮城、東京をまわる予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ