プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

沢村一樹、最後の『DOCTORS』クランクアップで男泣き 11年間ともにした高嶋政伸と熱い抱擁【あいさつ全文】

1月3日放送『新春ドラマスペシャル DOCTORS~最強の名医~ファイナル』に出演する(左から)高嶋政伸、沢村一樹(C)テレビ朝日の画像

1月3日放送『新春ドラマスペシャル DOCTORS~最強の名医~ファイナル』に出演する(左から)高嶋政伸、沢村一樹(C)テレビ朝日

 俳優・沢村一樹主演で1月3日午後9時から放送されるテレビ朝日系『新春ドラマスペシャル DOCTORS~最強の名医~ファイナル』が昨年末クランクアップを迎え、沢村と高嶋政伸(高=はしごだか)が、シリーズ11年間撮影現場をともにしてきた大勢のスタッフ・キャストを前に万感の思いを語った。

【場面カット】”卓ちゃん”高嶋政伸とお見合いをする菅野美穂

 同シリーズは、普段は患者に笑顔で優しく接するスゴ腕の外科医だが、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持ち合わせる医師・相良浩介(沢村)が、堂上総合病院の再生にも尽力していく本格医療ドラマ。

 2011年10月期に連続ドラマとしてスタートし平均視聴率14.8%、最高視聴率18.5%を獲得。13年7月期のパート2では平均視聴率18.3%、最終回には最高視聴率21.7%を記録した(数字はいずれも関東ビデオリサーチ調べ、関東地区)。その後も連ドラシリーズのパート3、スペシャルドラマ4本が放送されてきた。

 沢村と高嶋は2人そろってのシーンでクランクアップ。「(ファイナルだということが)まだピンときていない」という沢村だったが、前々日くらいから徐々に実感を抱き始めたそう。これまで、『DOCTORS』の撮影を終えると、次回の撮影での再会を約束する意味で「またね」と言って現場をあとにしていたが、「もう“またね”じゃないのかぁと思うと、すごく寂しい気持ちになって…」と声を詰まらせた。「11年間ライフワークの1つだった『DOCTORS』がなくなるのが、まだ信じられない」と正直な思いを吐露していた。

 「本当に幸せな11年間だったと思う」と沢村の目には涙が。横で沢村のあいさつを見守っていた高嶋がそっと歩み寄ると、2人は熱い抱擁を交わし、最後まで絆の強さを見せた。

 高嶋は、沢村から渡された花束を手に「『DOCTORS』では、いろいろ考え、いろいろ悩んだ。この11年間の『DOCTORS』でいただいた、宝石のような財産は今後の私の役者人生に必ず活かしたいと思います」と語気を強めた。

■沢村一樹(相良浩介・役) コメント
クランクアップにあたって何を言おうか考えようと思ったんですけど、まだあんまりピンときてなくて…。一昨日くらいから、「あっ、終わりなんだ」と思い始めました。自分のなかで11年間ずっと『DOCTORS』が終わったら、「またね」と言っていたんですけど、もう「またね」じゃないんだなと…。なんだか、「またね」と言ってバイバイしていたのが、もう「またね」じゃないのかぁと思うと、すごく寂しい気持ちになって…。11年間、ライフワークの1つになっていて、「そろそろ『DOCTORS』だな」と思うと、相良先生を思い出す時間があったりしていたのが、「次はもうないんだよな」というのが、ちょっとまだ信じられない気持ちです。
ただ、この11年間、プロデューサーの皆さんのおかげで、同じスタッフさんを集めていただき、他のレギュラー出演者の方々も言っていましたが、すごく居心地のいい現場でした。皆さんが作った空気のなかで、僕らは楽しく過ごさせてもらったので、こういう11年を過ごせたのは…すごく…。
あぁ泣きそうだな…この作品との出会いもそうだし、こうやって同じスタッフさんと11年やれたのは、本当に幸せな11年間だったと思います…。
そして見てくださる視聴者の方が11年間応援してくださったおかげだと思うので、それも感謝しながら、1月3日のオンエア、楽しみにしたいと思います!
1つだけ…もしも『新DOCTORS』が始まったとき、僕がいないというのだけはやめてください(笑)。
本当に幸せでした…皆さんのおかけで、本当に幸せな時間でした! ありがとうございました!

■高嶋政伸(森山卓・役) コメント
11年にわたって素晴らしいスタッフ・キャストの皆さまとご一緒できたこと、本当に幸せだと思っております。11年で一区切り、ということですけどもあっという間だったという感じがいたします。が、そこから月日が経ち、今は5歳の息子と3月に生まれたばかりの子と、新しい家族ができております。そう考えると11年という時間というのは決して短くなかったなと、そんな気がいたします。
この11年間に本当にいろいろなことを教えていただきまして、いろんなことを悩みましたし、また本当に楽しいことも経験させていただきました。この11年間の『DOCTORS』でいただいた、宝石のような財産は今後の私の役者人生に必ず活かしたいと思いますし、必ず活かすつもりでございます。本当に楽しかったです! ありがとうございました! そしてまたお会いしましょう(笑)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ