プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ローラ、涙ぐみ力説「自分を愛することは大切」 理想のパートナーシップについて語る

涙ぐみ力説したローラ (C)ORICON NewS inc.の画像

涙ぐみ力説したローラ (C)ORICON NewS inc.

 モデルでタレントのローラ(32)が25日、都内で行われた『イヴ・サンローラン・ボーテ ABUSE IS NOT LOVE 限定イベント』に登場。恋愛関係における親しいパートナーからの9つのABUSE(無視する。脅す、侮辱する、操る、嫉妬する、管理する、干渉する、孤立させる、萎縮させる)のサインについて学び、自身の経験を織り交ぜながら語った。

【全身ショット】透けシャツ&パンツコーデで美スタイルを披露したローラ

 ローラは「私自身(ABUSEを)経験したことがあるから、ちょっと涙が出ます」と打ち明けながら「こうやって声を上げることによって、たくさんの人が救われる気持ちになると思う」とコメント。「これをきっかけに学んだことを伝えていきたい」と誓った。

 続けて、理想のパートナーシップについて「お互いをリスペクトしていれる関係」と回答。「歳をとっても子どもの心をもって冗談を言い合ったり、変にいいところを見せたりせずに、それを笑いに変えたりできる関係がいい。昔はかっこつけたりしたんですけど、ありのままになったら、ありのままの友だちが増えてきて、楽になってきたの」と自身の経験を回顧。「自分の中で大切にしているのは、友だちでいるってこと。恋人になりたいとか、結婚したいとか思っても、そういう肩書がなくてもいいなって思えるようになってきた」と自身の成長を明かした。

 最後に「もう1つ思ったのは…」と切り出したローラは、「どんなことが起きても、自分を愛することは、すごく大切だなと思った」と涙をこらえながら伝えた。

 「ABUSE IS NOT LOVE」は、イヴ・サンローラン・ボーテがグローバルで取り組む社会貢献活動。恋愛関係における親しいパートナーからの9つのABUSEのサインの認知と啓発を広め、2030年までに200万人の啓発を目指す。21年、“女性に対する暴力撤廃の国際デー”の11月25日から日本でも活動をスタートした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ