プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

安すぎない!?韓国人気デザイナーズブランド5選【ハングクTIMES】

LOW CLASSICの画像

LOW CLASSIC

 こんにちは、韓国在住ライターの二俣です。「韓国の服は安くてかわいい」。確かにそのイメージは正しいのですが、意味合いが今ちょっと変わってきています。正しくは「韓国の“デザイナーズブランド”はかわいいのにお手頃!」。これが今の常識になりつつあります。

【写真】韓国でゲットしたい!”オシャレすぎ”デザイナーズブランドがズラリ

 日本で一般的にデザイナーズブランドというと、すごくかわいいけれど、そのお値段は決してかわいくないですよね。値札をチラリと見ては、そっとあきらめるなんてことがほとんどです。

 しかし、今、韓国ではデザイナーズブランドが“アツイ”のです。日本ではなかなか見ない色使いや、シルエット、1点取り入れるだけでグッとおしゃれの幅を広げてくれる個性豊かなデザインに、韓国ブランドの勢いを感じずにはいられません。

 そして値段も日本の有名セレクトショップ(高級ラインではない)くらいの価格帯で手に入るものが多いため、自然と取り入れる人が増え、トレンドになるのは至極納得です。

 今や韓国のみならず世界的に盛り上がっている韓国発のデザイナーズブランドの中から、比較的手ごろに手に入れられる人気ブランドを厳選してご紹介します。

■AMOMENTO

 先日、日本初の単独ポップアップが開催されたことでも記憶に新しいのが、韓国のセレクトシショップ「SHOP AMOMENTO」。日本のセレクトショップ「アーバンリサーチ」などでも取り扱いがあったことからすでに日本でも人気が浸透しつつあるのが、そのオリジナルブランド「AMOMENTO」です。

 旬なデザインやシルエットを上手に落とし込んでいて、“やりすぎない”からほどよくトレンドを取り入れた着こなしを楽しみたいときにぴったりです。いつもの着こなしにほんの少し洒脱なエッセンスを加えてくれるアイテムが揃っています。

 また、話題のヴィーガンレザーを使用したジャケットやパンツ、リサイクルコットンを使用したデニムパンツなど、持続可能な素材を積極的に用いている点も注目を集める理由です。

 ちなみにショップでは、韓国で人気の海外ブランド「BASERANGE」「GANNI」「Sophie Buhai」なども揃い、ここに来れば今韓国でどんなブランドやスタイル、アイテムが人気なのかもチェックできちゃいます。お店は、隠れ家的な空間でとてもステキなのでぜひ足を運んでみてください。

▼Information
SHOP AMOMENTO
住所:ソウル特別市 鍾路区 栗谷路1番 4階
※建物の入り口にあるベルを鳴らすと扉を開けてくれます。
営業時間:後1時~後8時
定休日:月曜日

■Matin Kim

 トレンドを感じさせてくれるデザインながらも、実は着心地や便利さもきちんと考えられていて、日常生活にぴったりと寄り添ってくれるようなファッションアイテムを展開している「Matin Kim」。

 今、韓国のZ世代から最も熱い支持を得ていると言っても過言ではないブランドで、弘大など若者の街をひとたび歩けば、「Matin Kim」のロゴが入ったアウターをかっこよく着こなしている人たちを本当によく目にします。

 そして、デザイナーズブランドであり高級感があるにも関わらず、手軽な価格帯から購入できることに驚きます。以前、セール時にトップス1点とボトムスを2点買ったのですが3万円ほどでした。デザイナーズブランドで、この価格はなかなかないですよね。

 また、アクセサリーやカードケースのような小物も大人気なのですが、1万円以下から手に入るものも。手にとりやすい価格は見逃せない魅力です。

 今年、聖水洞に誕生したフラッグシップショップ「HOUSE BY」には、連日多くのオシャレな韓国女子&男子が吸い込まれるようにして入っていく、まさにホイホイ状態。お店に足を踏み入れた瞬間から「わ!なんだここは!?」と、広々とした個性的な空間作りに、しばしカメラを向ける手がとまらなくなります。

 私は先日、ニットを購入したのですが、一見シンプルなニットでも着てみると、袖の部分がわずかにフレアにデザインされていて、「シンプルでもシンプルすぎない」という絶妙なバランスがツボでした。さりげなくひとくせあるデザインが好きという人におすすめです。

▼Information
HOUSE BY
住所:ソウル特別市城東区峨眉山路5ギル24-33
営業時間:前11時30分~後8時
定休日:月曜日

■LOW CLASSIC

 個人的にも愛してやまない「LOW CLASSIC」は、韓国を代表する世界的なブランドとしても知られています。

 取り入れやすいカラーリングで、マスキュリンな力強さのあるアイテムでも、ひとたび袖を通すとぐっと女性らしさが際立つシルエットになるというギャップがたまらなくステキ。それでいて、ライトアウターで2万円代から手に入るものもあるというのは見逃せません。

 また、新コレクションのお披露目ポップアップが開催されるときには、全商品10%オフのセールを実施するなど太っ腹なところも魅力。

 シューズやバッグ、ヘアアクセなども人気で、例えば韓国でトレンドのヘアアクセも、ひとたび「LOW CLASSIC」のフィルターを通すとぐっと新鮮なものになるというイメ―ジがあります。

 私がこの夏にゲットしたビッグサイズのシュシュは着けるたびに「それどこの?」と褒められることが多く、自分の中では気分をあげたいときに身に着けるお守りのような存在。とても気に入っています。

▼Information
LOW CLASSIC
住所:ソウル特別市 江南区 論ヒョン路159ギル57
営業時間:正午~後8時
定休日:なし(旧正月、秋夕前後は変更になる場合あり)

■TheOpen Product

 韓国を代表するデザイナーズブランドのひとつ「TheOpen Product」。韓国のK-POPスターたちにもファンが多いブランドです。日々移り変わる現代社会やその多様性にフォーカスしたコレクションを展開していて、人と同じもの、同じことよりも自分らしさを求めたいという人たちに強く支持されています。

 Instagramではブランドの公式画像に加えて、世界中の愛用者たちのスナップも盛り込まれているので、リアルな着こなしの参考にもなります。

 スウェットは5000円台、ジャケットなどが1万円台から手に入るのはうれしい限り(2022年11月現在)。ちょっと冒険したい、いつもとは違う自分に挑戦してみたいときに取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 フラッグシップショップはないのですが、「TheOpen Product」の品ぞろえがいい旬なセレクトショップ「VISUAL AID」の詳細を載せておきます。ここのショップスタッフさんたちもすごくかっこいいのでぜひチェックしてみてください。

▼Information
VISUAL AID
住所:ソウル特別市 麻浦区 東橋洞113-3
営業時間:後1時~後9時
定休日:なし(旧正月、秋夕の前後は変更になる可能性があります)

■おまけ:Mardi Mercredi

 最後は、デザイナーズと言っていいのかわからないのですが、見逃せないトレンドのブランドを。

 今、日本で人気の韓国ブランドと言えばまず名前が挙がるであろう「Mardi Marcredi」。フランス語で火曜日・水曜日を意味するブランドで、フレンチテイストを取り入れた、大人が楽しめるカジュアルアイテムが揃います。

 ここで手に入れたいのは、ブランドを象徴する大胆に描かれたフラワーロゴのトップスやキャップですが、今季はそのフラワーモチーフが控えめにデザインされたニットが旬。

 梨泰院エリアにあるフラッグシップショップにはそれらを目当てに平日でも多くの人でにぎわっています。

 また、韓国の女の子たちの着こなしをまとめたインスタアカウントもあるので、お買い物や着こなしの参考にしてみてください。韓国では、日本で購入するよりも20~40%ほどお得に手に入るようなので、韓国に訪れた際にはぜひ。

▼Information
Mardi Mercredi
住所:FLAGSHIP STORE #1 ソウル特別市 龍山区 梨泰院路54キル58
FLAGSHIP STORE #2 ソウル特別市 龍山区 梨泰院路54キル58-26
※1と2は道を挟んだ向かいに位置します。
営業時間:前11時~後7時
定休日:月曜日

■韓国で今人気のデザイナーズブランドを楽しんで

 「トレンド」「今人気」というくくりであれば、まだまだご紹介したいブランドは山のようにあるのですが、今回は比較的手の届きやすい価格で楽しめて、実際に韓国で人気を集めているデザイナーズブランドをピックアップしてみました。

 日本からでも通販などを上手に利用して購入できますが、現地であればもちろん日本で購入するよりもお得に手に入ることが多く、またショップに訪れればブランドの世界観を体感しながら、実物を手に取ってお買い物できるというのが醍醐味です。ぜひ韓国に来たら足を運んでみてください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ