プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

榎木淳弥、プロレスラーになりたかった “ロック様”の肉体美に興奮「エグい!」

『東京コミックコンベンション2022』のステージイベントに登場した(左から)楠大典、内田真礼、榎木淳弥 (C)ORICON NewS inc.の画像

『東京コミックコンベンション2022』のステージイベントに登場した(左から)楠大典、内田真礼、榎木淳弥 (C)ORICON NewS inc.

 千葉・幕張メッセで25日、『東京コミックコンベンション2022』が開幕し、映画『ブラックアダム』公開記念DCユニバース特別イベントが行われ、吹き替えを担当している声優の楠大典、内田真礼、榎木淳弥が登場した。

【写真】HWスターに囲まれた東海オンエア

 今作の主人公は、5000年の眠りから覚め「平和なんか知るか」と言い放ち世界を救わないアンチヒーローで、全てをぶっ壊す最“恐”の破壊神・ブラックアダム。規格外のパワーを振りかざし、ルール無用でやりたい放題のブラックアダムの前に立ちはだかるのは、世界を守るスーパーヒーロー軍団“JSA”。ブラックアダムを危険とみなし、彼を止めるべく、最“恐”の破壊神に最強のスーパーヒーロー軍団が立ち向かい一大バトルがぼっ発する。

 主人公のブラックアダム役はドウェイン・ジョンソンが務めており、元プロレスラーでもある彼の大ファンだという榎木は「僕は昔、プロレスラーにずっとなりたくて、ドウェイン・ジョンソンは“ロック様”(愛称)ということで、ずっと見てきた」と作品を通じて関われたことに興奮。

 俳優として活躍中のドウェイン・ジョンソンだが「逆に俳優をしている姿が僕は新鮮に見えました! プロレスラーの姿の方が印象深く残っているので、大画面で見るドウェイン・ジョンソンさんの肉体は、肩の筋肉がエグい!」と熱っぽく伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ