プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

フジ『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』放送 「音楽でワールドカップを盛り上げよう!」SP

(左から)井上清華(フジテレビアナウンサー)、弓木奈於(乃木坂46)、林瑠奈(乃木坂46)、  大竹一樹(さまぁ~ず)、三村マサカズ(さまぁ~ず)、嶋佐和也(ニューヨーク)、屋敷裕政(ニューヨーク)(C)フジテレビの画像

(左から)井上清華(フジテレビアナウンサー)、弓木奈於(乃木坂46)、林瑠奈(乃木坂46)、  大竹一樹(さまぁ~ず)、三村マサカズ(さまぁ~ず)、嶋佐和也(ニューヨーク)、屋敷裕政(ニューヨーク)(C)フジテレビ

 フジテレビは22日午後7時から『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』第7弾を放送する。番組では、令和、平成、昭和の3世代の視聴者に定番ソングを調査。アンケート結果からみる「世代別ベストソング」を貴重映像とともに発表していく。見たかった思い出の映像や懐かしの貴重映像が満載の、家族で楽しめる音楽バラエティーとなる。

【写真】弓木奈於、林瑠奈らも出演

 今回もMCに、さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)を迎え、昭和世代の代表として数々の思い出の楽曲を紹介しながら、平成世代代表ゲストに、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、令和世代代表ゲストに、林瑠奈(乃木坂46)、弓木奈於(乃木坂46)と、それぞれの世代で熱く支持される定番ソングについて大いに語る。

 気になる今回のテーマ一つ目には、『FIFAワールドカップカタール2022』が開幕したばかりということで、“音楽でワールドカップを盛り上げよう!SP”と題し、まずは世代別に選ばれた“定番スポーツソング”を紹介していく。

 スポーツソングというと、テーマソングや応援ソングなどテンションを上げるために聞く曲などいろいろあるが、平成世代では、サッカーのテーマソングとしてよく使われるSuperflyの「タマシイレボリューション」や、高校野球のテーマソング・FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」、世界陸上のテーマソング・織田裕二の「All my treasures」など、スポーツ種目からの名曲があがった。

 令和世代では、安室奈美恵の「Hero」や、GReeeeNの「キセキ」など、オリンピックのテーマソングが、そして昭和世代では、ZARDの「負けないで」や、岩崎良美の「タッチ」など、アニメやドラマから生まれた名曲があがった。

 昭和世代代表のさまぁ~ず2人は「昭和にスポーツの音楽がない!」と、アンケートではかなり難航したようだが、大竹が運動会での定番ソング「ランペット吹きの休日」をあげると、スタジオは「めちゃめちゃ聞いたことがある!!」と大盛り上がりに。

 さらに今回は、サッカー日本代表選手の伊東純也選手、板倉滉選手、田中碧選手、そして元日本代表の大久保嘉人、小野伸二にも、定番ソングに関するインタビューを敢行。そして、世代別に選ばれたワールドカップスーパーゴールの映像もたっぷりと届ける。

 2つ目のテーマでは、「映画主題歌」を調査。令和世代では、大ヒット公開中の『ONE PIECE FILM RED』の主題歌・Adoの「新時代」や、『シン・ウルトラマン』の主題歌・米津玄師の「M八七」、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌・LiSAの「炎」など、今年の話題作やアニメの主題歌も入ってきた。

 平成世代では、『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌・平井堅の「瞳をとじて」や、『スワロウテイル』の主題歌・YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」など、世代を超えた名曲がそろい、昭和世代では、『トップガン』主題歌・ケニー・ロギンスの「Danger Zone」や、『ボディーガード』の主題歌・ホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」など洋画の名作が多くそろった。

 子供から大人まで世代を超えて、お茶の間でワイワイ盛り上がりながら楽しめる『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』に注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ