プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『アトムの童』第6話あらすじ 新章、開幕! 物語は一年後へ…

日曜劇場『アトムの童』の場面カット(C)TBSの画像

日曜劇場『アトムの童』の場面カット(C)TBS

 俳優の山崎賢人が主演を務める、TBS系日曜劇場『アトムの童(こ)』(毎週日曜 後9:00)の第6話が、20日に放送される。

【キャスト相関図】山崎賢人、松下洸平、岸井ゆきの…登場人物の関係をおさらい

 現代のゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者が大資本の企業に立ち向かい、周囲の人々と関わりながら成長していく姿を、脚本家・神森万里江氏による完全オリジナルストーリーで描く。山崎が演じる主人公・安積那由他は、大手企業や販売元に頼らず、個人で活動する“インディー”としてゲームを開発してきた。「ジョン・ドゥ」という名前で活動し、誰もその素顔を知らないことから“ゲーム業界のバンクシー”とも呼ばれ、ある事件をきっかけにゲーム開発から離れて静かに暮らしていたが、老舗玩具メーカー「アトム」とタッグを組むことになる。

■第6話のあらすじ
SAGASにより買収されてしまったアトム玩具。それから一年の月日がたち―。那由他(山崎賢人)をはじめとする元社員たちは今、何を思うのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ