プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

仲本工事さん追悼公演、小出恵介が胸中明かす 代役へエールも「背負われるものも…」

胸中を明かした小出恵介 (C)ORICON NewS inc.の画像

胸中を明かした小出恵介 (C)ORICON NewS inc.

 今月19日に死去したザ・ドリフターズの仲本工事さんが出演予定だった、舞台『「日本昔ばなし」貧乏神と福の神 ~つるの恩返し~』公開ゲネプロ後取材会が17日に行われ、仲本さんの代役を務めることとなった星田英利、生島ヒロシのほか、小出恵介ら出演キャストからが追悼の思いを語った。

【写真】仲本工事さんの代役を務める星田英利

 国民的TVアニメ『まんが日本昔ばなし』の初舞台化で、「貧乏神と福の神」「つるの恩返し」のエッセンスを題材に、現代のコロナ禍を生き抜く人々、子どもたちへエールを送る。10月7日に制作記者会見が行われ、仲本さんは「貧乏神」役で出演が発表されていた。

 仲本さんは19日午後10時22分、急性硬膜下血腫のため死去した。81歳だった。前日の18日午前、横浜市内の市道交差点でワゴン車にはねられ、意識もうろうの状態で神奈川県内の病院に搬送。同日中に手術を受けていたが、帰らぬ人となった。

 追悼上演の形で行われる同公演だが、主演の小出は「制作発表も一緒にやらせていただいていたので、気持ちを整理することと同時に(けいこを)進めて行かなければいかなかった」と悲しみを込め、「その気持ちを舞台に向けて消化できたらなと思い取り組んできました。このような内容ですので、和やかに、そして楽しい雰囲気でやることが正解だと思うので、なんとかそこまでたどり着きたい。そして仲本さんの気持ちも胸に初日を迎えたいと思います」と胸中を語った。

 仲本さんの代役を日替わりで務める事になった星田英利、片岡鶴太郎、生島ヒロシの3人には「突然のオファーで、背負われるものもすごくあると思いますが、頑張っていただきたいと思います」とエールを送った。

 取材会には、中村ゆりか、丹羽貞仁、黒田こらん、大倉空人、中西良太、原日出子、安寿ミラ、肥後克広(ダチョウ倶楽部)も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ