プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

生田斗真、湯上りの後ろ姿がクールな『湯道』“牛乳ビジュアル”公開 出演者も追加発表

映画『湯道』(2023年2月23日公開)牛乳ビジュアル(C)2023映画「湯道」製作委員会の画像

映画『湯道』(2023年2月23日公開)牛乳ビジュアル(C)2023映画「湯道」製作委員会

 俳優の生田斗真が主演する映画『湯道』(2023年2月23日公開)より、湯上りの生田が、小指を立てながらぐびぐび牛乳を飲む“牛乳ビジュアル”が公開された。「いいお湯でした。」という言葉とともに、湯上りのスッキリ爽快な雰囲気を感じさせるビジュアルとなっている。

【画像】追加発表された出演者たち

 出演者も新たに発表された。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)で、影で任務を追行する仕事人・善児を演じた梶原善と、お笑いコンビ・ラバーガールの大水洋介が、生田演じる建築家の三浦史朗に、マンション建設の話を持ち掛ける、怪しい不動産屋を演じる。

 義父・照幸(浅野和之)に「ハダカノツキアイ」を挑むアドリアン(厚切りジェイソン)のフィアンセ・紗良役を森カンナ。その母・由希子役を堀内敬子。

 小日向文世演じる「お風呂」が唯一の趣味で、定年間近の郵便局員・横山の妻・雅代役に藤田朋子。史朗の元同僚・細井幸恵役に秋山ゆずき。源泉掛け流し至上主義を公言する超辛口の温泉評論家・太田(吉田鋼太郎)が訪れるホテルの支配人役におかやまはじめ。銭湯「まるきん温泉」の常連客で眼鏡の男を酒井敏也が演じる。

 同映画は、日本の文化「お風呂」について精神や様式を突き詰める新たな道「湯道」を提唱した放送作家・小山薫堂が、構想約7年の歳月を経て、執筆した完全オリジナル脚本を、『HERO』『マスカレード』シリーズの鈴木雅之監督が映画化。亡き父が残した実家の銭湯「まるきん温泉」を畳んでマンションに建て替えようとする兄・史朗と、銭湯を守る弟・悟朗(濱田岳)の兄弟を中心に、「まるきん温泉」で働く看板娘・秋山いづみ(橋本環奈)、常連客、さらに湯道を究めようとする人々を描くお風呂エンターテインメント。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ