プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

武尊&AKB48徳永羚海、出身地・鳥取舞台の短編映画で“初主演”

鳥取県境港市が舞台の短編映画『星取物語』で実写映画初主演を飾る武尊、徳永羚海(AKB48)の画像

鳥取県境港市が舞台の短編映画『星取物語』で実写映画初主演を飾る武尊、徳永羚海(AKB48)

 鳥取県米子市出身の格闘家・武尊と、同じく鳥取県出身のAKB48・徳永羚海が、短編映画『星取物語』で、実写映画初主演を飾る。鳥取県境港市の魅力とともに、ボクシング選手を目指す正彦(武尊)と、正彦に恋する姫奈(徳永)の姿を描く。

【画像】「ふるさと映画祭」で上映されるそのほかの作品

 同映画には、水木しげるロードやじげの物産館、夢みなとタワーや美保湾展望ビーチや星空、そして紅ズワイガニや白いかなど、境港市の観光地やグルメが登場し、行ってみたい、食べてみたいと思えるような作品。

 同作で映画初主演を務める武尊は「地元が舞台の作品に出演できてうれしいです。鳥取県の良さを伝えられるように頑張りたいと思います」とコメントしている。

 同映画は、東京・神田明神ホールで開催される「ふるさと映画祭」(12月2日~4日)にて上映、チケットは11月17日より販売予定。詳しくは公式サイトに掲載。

■ふるさと映画祭
HP https://www.xn--48jvbwbxf.com/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ