プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【紅白】緑黄色社会、結成10周年で初出場へ「ずっとずっと憧れて、夢見てきた場所」

『第73回NHK紅白歌合戦』初出場が決定した緑黄色社会(C)NHKの画像

『第73回NHK紅白歌合戦』初出場が決定した緑黄色社会(C)NHK

 大みそか恒例の『第73回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45 総合ほか)の出場歌手が16日、発表され、4人組バンド・緑黄色社会が紅組で初出場することが決定した。

【一覧】『第73回NHK紅白歌合戦』出場歌手 これまでの出場回数も

 愛知県出身の4人組バンド、愛称「リョクシャカ」は、長屋晴子(Vo/Gt)、小林壱誓(Gt)、peppe(Key)、穴見真吾(Ba)ならなる4人組。2012年7月に結成され、10周年で紅白初出場を決めた。

 出場歌手発表会見には4人そろって登壇。ボーカルの長屋は「バンドを結成した頃からずっとずっと憧れて、夢見てきた場所です。メンバー4人で、メンバーの歴史というか、思い出を刻めるように楽しみたいと思います」と喜びをかみしめた。

 緑黄色社会は、代表曲「Mela!」(2020年4月13日配信開始)がストリーミングで大ヒット。今年9月には念願の日本武道館公演を行ったリョクシャカが、大みそかにもう一つ夢をかなえる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ