プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

おぼん・こぼんが『相棒21』に出演 コンビ決別した元お笑い芸人が被害者に

16日放送『相棒season21』に出演するおぼん・こぼん(C)テレビ朝日の画像

16日放送『相棒season21』に出演するおぼん・こぼん(C)テレビ朝日

 お笑いコンビ・おぼん・こぼんが、16日放送のテレビ朝日系連続ドラマ『相棒season21』(毎週水曜 後9:00)の第6話に出演する。

【場面カット】元お笑い芸人の被害者の謎を捜査する杉下右京&亀山薫

 今回は、元お笑い芸人の男が撲殺遺体で見つかる。その撲殺遺体は笑っていた…。笑えない男は、なぜ笑いながら死んだのか、越境捜査で本庁と県警が対立する中、関係者たちの意外な過去が明らかになる。元芸人の最期の瞬間に何があったのか。

【第6話あらすじ】
 杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)は、泥酔して路上で寝込んだ男性から財布を盗んだ中年男(有薗芳記)を逮捕。男は、のらりくらりと素性を隠すが、所持品から思わぬ物が。それは1ヶ月ほど前、河川敷で他殺体となって見つかった、伊藤真琴(阿南健治)という男性の財布だった。

 捜査を担当していた県警によると、遺体の身元が分からず、捜査が行き詰まっていたという。右京はそこで気になる情報を耳にする。死因は、頭部殴打による脳挫傷だったのだが、伊藤の遺体はニヤッと笑っているように見えたという。

 好奇心を刺激された右京は、薫と越境捜査を開始。すると、詐欺まがいの寝具会社に勤めていた伊藤が、夫婦漫才でステージに立つ元お笑い芸人だったと判明。

 しかし、伊藤は、愛想笑いのひとつもできない気難しい男で、17年前まで相方だった和田紗矢(池谷のぶえ)と決別。ますます興味がわいた右京だったが、“縄張り”を荒らされた県警からストップが掛かる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ