プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

DISH//、サッカー日本代表の前でテーマソング生披露 サッカー好きの北村匠海がボヤく「センスがない」

テーマソングを生披露したDISH//(C)ORICON NewS inc.の画像

テーマソングを生披露したDISH//(C)ORICON NewS inc.

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会(11月20日開幕)に臨む日本代表を応援するイベント『新しい景色を2022 SAMURAI BLUE 壮行会』が15日、都内で開催。現地カタールのドバイと中継が結ばれ、DISH//がライブパフォーマンスを行った。

【写真】DISH//・北村匠海らも走行会に登場

 公式テーマソングの「DAWN(in 2022)」をライブパフォーマンス。中継で日本代表のメンバーが見守った。演奏を終えた北村匠海は「緊張感がありました。皆さんが見ているな、というプレッシャーが」と笑っていた。

 サッカー日本代表の思い出もトーク。北村は「中村俊輔選手がど真ん中。かっこよかった。僕らのヒーローですかね。サッカー少年からすると、めちゃくちゃ輝いていた」と懐かしんでいた。プレーしていたポジションを問われると「右サイドバックです。ゴール1回も決めたことがない(笑)。リフティング大会も最下位。サッカーはセンスがなかった」と照れていた。

 矢部昌暉は「DFやってる時が長かった。覚えているW杯は中澤選手、宮本選手を応援してました」とし、泉大智は「前回のW杯は僕の周りのサッカーやってない人たちも熱狂的に見ていた。関心がサッカーに向いているなと思った。今年も、みんな見てくれるんだろうなと、楽しみ」と笑顔で語った。橘柊生は「前回のW杯は、僕の家に集まって、みんなで観戦した。今回はユニフォームをもらったので集まって、またしたいな」と開幕を心待ちにしていた。

 日本は7大会連続7度目の本大会出場。グループリーグで日本は、23日の午後10時からドイツ、27日の午後7時からコスタリカ、12月2日の午前4時からスペインと対戦する(全て日本時間)。お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次、フリーアナウンサーの枡田絵理奈アナがMCとして出演した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ