プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

望海風斗、幼少期の夢“宝塚入団”を叶え、新たに現在の夢明かす「安心して帰れる場所を作れれば」

今の夢明かした望海風斗 (C)ORICON NewS inc.の画像

今の夢明かした望海風斗 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の望海風斗が14日、ブロードウェイミュージカル『ドリームガールズ』の制作発表記者会見に登場し、歌唱パフォーマンスや取材陣からの質疑応答に対応した。

【動画】圧巻パフォーマンス!名曲「Dreamgirls」を熱唱する望海風斗

 望海は圧倒的な歌唱力を誇るディーナを演じ、ディーナとともにボーカルトリオ「ザ・ドリーメッツ」のメンバーとなるエフィ役には福原みほと村川絵梨(Wキャスト)、ローレル役にはsara、ザ・ドリーメッツのマネージャーでエフィと恋人関係になるカーティス役にspi、ザ・ドリーメッツの作曲を担当するC.C.ホワイト役に内海啓貴、エフィのグループ脱退後にメンバーとして加わる新人歌手ミシェル役になかねかな、人気ソウルシンガーのジェームズ役に岡田浩暉、ジェームズのマネージャーであるマーティ役には駒田一が選ばれた。

 はじめに望海、福原、村川、saraの4人が作中の代表曲である「Dreamgirls」を歌唱パフォーマンスで取材陣を魅了した後、キャスト陣がステージにそろい、作品への思いや意気込みを語った。

 作品にちなみ、現在抱いている夢について聞かれると、望海は「小さい頃の夢は宝塚に入ることだったので、1つ大きな夢を叶えられた」としみじみ話しつつ、「今の夢は家を買うことです」と具体的すぎる夢を明かして会場の笑いを誘った。さらに「自分がホッとできる、安心して帰れる場所を作れれば…」と添えた。

 同じ質問に福原は「私も小さい頃の夢が歌を歌うことだったので、叶えられたと思います。これからの夢は長く歌い続けること」と話し、村川は「私も歌手が夢だったんですが、挫折してしまって。あらためてこの作品で歌手デビューするような気持ちで臨みたい」と思いを語った。saraは「舞台に立ちたいと思っていたので叶いました」としつつ、「どうなっていくかわからないのが人生の面白いところだと思うので、いつでも『いいね』『最高』と言えるような人生を送りたい」と持論を展開した。

 会見では最後に望海風斗が「やっとみなさまの前に立てまして、これからスタートしていくんだなと感じました。この気持を大切に、時代背景などいろんなことを勉強して、最高の初日を迎えられるようにみんなで力を合わせていきたい」とアピールし、会見を締めくくった。

 このほか、会見には内海、なかね、岡田、駒田も出席した。

 同作は2023年2月5日~14日の東京・東京国際フォーラムホールC、2月20日~3月5日に大阪・梅田芸術劇場メインホールをはじめ、福岡・博多座、愛知・御園座で上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ