プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

タイ版『花より男子』日本語吹替版に豪華声優ズラリ 諏訪部順一、神谷浩史、浪川大輔、櫻井孝宏、寺崎裕香が出演【コメント】

『F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS』の日本語吹替を担当する(左から)諏訪部順一、神谷浩史、浪川大輔、櫻井孝宏、寺崎裕香(C)神尾葉子/集英社 (C)GMMTVの画像

『F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS』の日本語吹替を担当する(左から)諏訪部順一、神谷浩史、浪川大輔、櫻井孝宏、寺崎裕香(C)神尾葉子/集英社 (C)GMMTV

 動画配信サービス・U-NEXTでは、11月よりタイ版『花より男子』の『F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS』日本語吹替版を独占配信する。吹替版には、諏訪部順一、神谷浩史、浪川大輔、櫻井孝宏、寺崎裕香の出演が決定した。

【写真】タイ版『花より男子』で花沢類の声優を務める櫻井孝宏

 大ヒット漫画『花より男子』を原作に、タイでドラマ化した同作は、タイドラマブームの一翼を担ったドラマ『2gether』に出演し、タイ、日本はもちろん全世界に旋風を巻き起こしたブライトとウィンが、それぞれターム(道明寺司)役、ガウィン(西門総二郎)役を担当するとあって、日本でも大きな話題となった。今作で待望のドラマデビューを果たしたMJ(美作あきら)役のナニ、レン(花沢類)役のデュー、ヒロインのゴーヤー(牧野つくし)役のトゥ、3人も加わり、フレッシュな若手俳優たちによって、タイドラマ版ならではの魅力を引き出した作品として人気を博した。

 U-NEXTでは、同作の日本語吹替版を制作、11月中に独占配信する。F4のメンバーであるターム(道明寺司)役には諏訪部順一、ガウィン(西門総二郎)役には神谷浩史、MJ(美作あきら)役には浪川大輔、レン(花沢類)役は櫻井孝宏が担い、ヒロインのゴーヤー(牧野つくし)役は寺崎裕香が務めるなど、豪華声優陣が集結した。

■諏訪部順一/ターム(道明寺司)役
タームは、原作である「花より男子」の道明寺司が持つテイストをしっかりと受け継いでいるキャラクタ―ではないでしょうか。時に感じ悪く、時に可愛らしく、表情が豊かなので、演じていてとても楽しかったです。タイの作品の吹替は今回が初めてでしたが、他の国の作品と比べて難しいと思うようなところは特別なく、すんなり取り組めました。映像的にも見応えがありますね。本作の注目ポイントのひとつでもあるセレブ感の表現もバッチリです!
ドキドキハラハラ、そして胸キュンな物語が、タイを舞台に繰り広げられます。日本語吹替版は、より気軽にご覧いただけると思いますので、本作未見の方はこの機会にぜひ! 原語音声版で視聴済みの方も、また新たな味わいでお楽しみいただけると思いますのでぜひ! よろしくお願いします。

■神谷浩史/ガウィン(西門総二郎)役
ガウィンは家柄も良くコミュニケーション能力に長け、そしていざとなったら喧嘩も強いと言う… 僕にはない要素で構成されている人です。でもそんな人でも必ず何かに悩んでいたりするものです。そこに僕の演じる隙があると思っています!吹替版は、言語によって日本語との親和性に差が出ることもあるのですが、今回は収録に際してそこまで違和感を感じることもなく、楽しくスタジオに通っていました!
今作の設定は現在、しかも舞台はタイですが、それらをうまいこと消化し、原作の印象を崩すことなく作られています。この世界に様々な事情で貧富の差が存在している以上、原作の持っているテーマは世界で通用するのかもしれません。登場人物たちの関係にドキドキして最後は絶対にハッピーになれる、「F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS」はそんな良質なエンターテイメント作品です!ぜひ楽しんでください!

■浪川大輔/MJ(美作あきら)役
まず、F4を演じられることがとても嬉しいです。MJは、少し野性的でもありますが、お茶目で情に厚く、心根はとても優しいです。そのあたりをうまく表現できるように気をつけました。そしてタイの俳優さんたちのカッコ良くてカワイイこと。とても身近に感じられるところと、やはり異国だなと思うこともあり一粒で2度おいしい!そんな印象を受けました。どの国のドラマもやはり素晴らしいです!濃い役は、とてつもなく濃い目で楽しいです。吹替メンバーが同世代ということもあり、謎の安心感の中収録しました。ドラマも時に激しく、時に胸をしめつけられる展開。キュンキュンしっぱなしになると思いますので、おもいっきり楽しんで頂ければ幸いです。よろしくお願い致します!

■櫻井孝宏/レン(花沢類)役
レンは四人の中ではやや浮いた存在に見えました。いつも上の空というか心ここに在らずのイメージで、なぜ一緒にいるのか、何を考えているのか等の「?」が多かったです。ナイーブ、一途、孤独、クール、彼に当てはまりそうな表現はいくつかありますが、そのどれもがしっくりきません。もっと曖昧で抽象的な、不思議な魅力を持つ人だと思いました。
タイドラマ版は、どこか陽気というか、ふわふわした雰囲気に見えます。言葉の響きがそう思わせるのかもしれません。いつかタイに行ってみたいと思いました。本作は、とても危うくて愛らしいドラマです。ぜひ観てください。

■寺崎裕香/ゴーヤー(牧野つくし)役
大好きな「花より男子」の世界を、内側から体感し、タームや周りの仲間を愛する事ができて、毎週の収録がとても楽しくて幸せでした!曲がった事が嫌いで、相手が誰であろうと、思ってる事をしっかりと相手に伝えるシーンは演じていて私自身もスカッとしました。タイ版のつくしちゃんは、オリジナルの魅力を残しつつも、新たなつくしちゃん像を感じながら楽しんで演じさせてもらってます!タイ版の「花より男子」は、現代版花より男子!という感じで今の時代に溶け込みやすい作りになっています。とにかくF4が、めちゃくちゃおしゃれでカッコいいです!!!日本だと、西門さんのお家は茶道でしたが、タイ版は、花輪だったり、タイの文化や流行りも盛り込まれていてとても興味をひかれました。
精一杯ゴーヤーに寄り添い、彼女の表情、感情を取りこぼさないように一話一話取り組みましたので、吹替版も楽しみにしていただけたらうれしいです!!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ