プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

YOSHIKI悲痛「曲も完成しないまま…」 YOSHIさん“未完の遺作”について語る

YOSHIさんの告別式に参列したYOSHIKI (C)ORICON NewS inc.の画像

YOSHIさんの告別式に参列したYOSHIKI (C)ORICON NewS inc.

 X JAPANのYOSHIKIがプロデューサーを務める、オーディション番組『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』に参加していた歌手・俳優・モデルのYOSHI(本名:佐々木嘉純/享年19)さんの告別式が14日、東京・戸田葬祭場でしめやかに営まれ、YOSHIKIが報道陣の取材に応じた。

【写真】YOSHIさん母も取材対応…気丈に振る舞い心境語る

 YOSHIKIは「先々週に一緒にロサンゼルスにいたので。まさかね、こういう形で…」と早すぎる別れを惜しみながら、「すごくロックだし、ボーカリストとしても才能があって、ファッションセンスも素晴らしいアーティスト。『これからYOSHIのいいところを出していこうよ』と。そういう話をしていました。(YOSHIさんも)『YOSHIKIさん、僕LAに住もうと思う。絶対に世界を獲る』って。僕も『獲れるよ、獲ろうね』と話していました」と噛みしめるように回想した。

 プロジェクトの今後については「僕の中ではまだ進行形。曲も1コーラスだけで完成しないまま旅立ってしまいました…。きのうのきょうなのでこれからどうしていけば…」としつつ「(YOSHIさんの)お母さんが『ぜひ形にしてくれたら』と言ってくださったので、前向きに頑張ります。残された者としては精一杯生きるしかない。みんなの分まで一生懸命に生きるしかない」と涙声で声を振り絞った。

 祭場には、親交の深かった菅田将暉から贈られたというギターや、YOSHIさんが愛用していた洋服、思い出の写真などが飾られ、参列した家族や友人、YOSHIKIらアーティスト仲間が故人との最期の別れを惜しんだ。祭壇には、YOSHIKI、紗栄子、映画『タロウのバカ』スタッフ・キャスト一同、『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』オーディション事務局など、多方面から供花が寄せられた。

 YOSHIさんは、今月5日午前0時過ぎ、神奈川県川崎市多摩区堰2丁目の県道交差点で、運転していた大型バイクがトラックと衝突。同日午前2時15分ごろに死去した。先月25日には、YOSHIKIがプロデューサーを務めるオーディション番組『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』で、4人組バンドのボーカルとして合格したことが発表されたばかりだった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ