プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

YOSHIさん告別式、バンドメンバーが最後のメッセージ伝える「世界獲るから、待ってろよ!」

YOSHIさんの告別式に参列した(左から)kyohey、FURUTATSU、KAIRI (C)ORICON NewS inc.の画像

YOSHIさんの告別式に参列した(左から)kyohey、FURUTATSU、KAIRI (C)ORICON NewS inc.

 きょう14日、東京・戸田葬祭場で営まれた歌手・俳優・モデルのYOSHI(本名:佐々木嘉純/享年19)さんの告別式に、バンドメンバーのKAIRI(26)、FURUTATSU(20)、kyohey(25)が参列し報道陣の取材に対応した。

【写真】菅田将暉から贈られたギターも…YOSHIさんの思い出の品が飾られた

 4人は、X JAPANのYOSHIKIがプロデューサーを務めるオーディション番組『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』に参加し、バンドとして合格。先月末、米ロサンゼルスのYOSHIKIの元へ行き、レッスンや路上ライブで武者修行を行っていた。

 kyoheyは「こういう形で、残念な報告になってしまったんですけど、突然過ぎてまだ受け止めきれていないんですけど、ゆっくり時間をかけて前を向いていきたいと思っています。一番残念なのはYOSHIなので、YOSHIの分も前を向いていきたいと思います」と胸中を語った。

 YOSHIさんへ最後のメッセージには、KAIRIが「本当に唯一無二のやつで、代わりが居るとは思えないんですけど、あいつが見ていたら『絶対続けろよ』と言うと思うので、恥じないようなバンドを目指して頑張ろうと思います」と決意をにじませ、FURUTATSUは「『世界獲るから、待ってろよ!』ですかね。最後、ブラザーをつけてもらってもいいですか」とYOSHIに向けた笑顔も見せた。

 そしてkyoheyは、「YOSHIに一言言うなら『早すぎるんだよ、馬鹿野郎って感じですかね…』」と悲しみをにじませながら、「YOSHIと過ごした時間は3~4ヶ月だけなんですけど、何年も一緒にいるような感覚で、一生忘れない濃厚な時間でした。そこでYOSHIのたくさんの愛をもらったと思うので、『ありがとう』を心から言いたいですね。バンドはこれから進んでいくと思うので、上から見て待っててね」と伝えていた。

 祭場には、親交の深かった菅田将暉から贈られたというギターや、YOSHIさんが愛用していた洋服、思い出の写真などが飾られ、参列した家族や友人、YOSHIKIらアーティスト仲間が故人との最期の別れを惜しんだ。祭壇には、YOSHIKI、紗栄子、映画『タロウのバカ』スタッフ・キャスト一同、『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』オーディション事務局など、多方面から供花が寄せられた。

 YOSHIさんは、今月5日午前0時過ぎ、神奈川県川崎市多摩区堰2丁目の県道交差点で、運転していた大型バイクがトラックと衝突。同日午前2時15分ごろに死去した。先月25日には、YOSHIKIがプロデューサーを務めるオーディション番組『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』で、4人組バンドのボーカルとして合格したことが発表されたばかりだった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ