プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“俺たちのスーパースター”皇治、いざ世界へ! メイウェザー狩りへ、厳しすぎる第一歩

(左から)皇治 、ジャハン・イングラム (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)皇治 、ジャハン・イングラム (C)ORICON NewS inc.

■海を超えても“皇治劇場”開幕! 対戦相手はメイウェザーも高く評価するボクシングの新鋭

【動画】皇治、緊急記者会見で大切なお知らせ RIZIN榊原CEOも同席で「詳しく話します」

 格闘家で“俺たちのスーパースター”こと皇治(33)が、いよいよ世界デビューを果たす。日本時間14日早朝、ドバイのコカ・コーラ・アリーナで行われるエキシビションマッチ(ボクシングルール)で、“メイウェザーの刺客”のボクサー、ジャハン・イングラム(22)と対戦で、初めての海外マッチに挑むが、前日計量でメイウェザー軍団と一波乱を起こすなど、場所も相手も関係なく圧巻の“皇治劇場”を繰り広げている。

 今回の試合の発端は、9月25日に行われた『超RIZIN』(さいたまスーパーアリーナ)で、フロイド・メイウェザー(45)のボディーガード・ジジ(40)に皇治がKO勝利した一戦だ。この結果を受けてメイウェザーから「俺のダチのジジを倒したコウジ、俺のチームにいるジャハンと試合やろうじゃないか。俺のエキシビションのアンダーカードで組むしかない」とメッセージが送られ、メイウェザーがイギリスのYouTuberのデジと対戦する大会『GLOBAL TITANS』で、皇治VSジャハンの試合が決定した。

 先月31日の対戦決定会見で皇治は「女だけじゃなく男からもモテてしゃーない」と苦笑し、この1年で7戦目というハイペースに「アホになりまっせ。ムチャクチャするな思って」とボヤきながらも「格闘家として(求められるのは)うれしいことですよね」と試合を快諾。ジャハン対策について聞かれるも「TMTはザコばっかりなんでね。大将(メイウェザー)がちょっとすごいから群がってるだけの軍団だから。大将が日本のトップを倒したからって、コイツらが勘違いするなよ」とこき下ろした。

 対戦するジャハンは、今年2月にプロデビューして3戦3KOを記録し、メイウェザーが「将来の世界チャンピオン」と太鼓判を押す新星。今年5月に朝倉海がメイウェザーのジムを訪れた際にスパーリングの相手を務めたことで、その姿を見ている日本の格闘技ファンも多い。

■皇治の挑発にメイウェザーもエキサイト! 榊原CEOも「本当にイラついてる。いいことだ」

 那須川天心、朝倉未来と日本格闘技界のエースを次々に倒したメイウェザーを止めるべく、次なる対戦相手に名乗りを上げている皇治にとって、今回の試合はその第一歩となるが、前戦のジジに比べて体格は自分と近いものの、ボクシングの新鋭であるジャハンとの試合は一筋縄ではいかないだろう。

 それでも強気な姿勢を崩さないのが、“スーパースター皇治”の真骨頂。ドバイ入りした直後の会見では、おなじみのメイウェザーのお面をつけて「彼は日本のスーパースターたちを倒したんですけれど、それは全部ボクシングのルールなんでね。その辺を勘違いすんな」「俺とこのクソガキ(ジャハン)で盛り上げてコイツをぶっ倒してマルコメを日本に持って帰るので皆さん応援よろしくお願いします」と挑発した。

 さらに前日計量の舞台裏では、メイウェザーとも一波乱があった。会場入りした皇治を見つけたメイウェザーが「俺が日本のボスだ。お前なんかイージーだ」と叫びながらTMT軍団で皇治を取り囲むと、皇治は「これをいじめって言うんやぞ。カッコ悪いな。一人でかかって来い。根性のないTMT」と一歩も引かない。

 バチバチムードで迎えた計量では、ジャハンが皇治の胸を突き飛ばし、皇治が応戦しようとするなど乱闘寸前となり、ステージは大混乱となった。海を超えても繰り広げられた皇治劇場に、日本から駆けつけたRIZINの榊原信行CEOも「フロイドが本気になってるね。本当にイラついてる。いいことだ」と、メイウェザーの本気を引き出した皇治に期待を寄せた。

 皇治VSジャハン、メイウェザーVSテジの試合はABEMAとRIZIN STREAM PASSで日本時間14日深夜1時から生配信される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ