プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

唐沢寿明が世の中を裏で操る黒幕を怪演『連続ドラマW フィクサー』ティザービジュアル&特報

主演・唐沢寿明×脚本家・井上由美子のタッグで大型ドラマシリーズ誕生『連続ドラマW フィクサー』2023年春放送・配信開始(C)WOWOWの画像

主演・唐沢寿明×脚本家・井上由美子のタッグで大型ドラマシリーズ誕生『連続ドラマW フィクサー』2023年春放送・配信開始(C)WOWOW

 俳優の唐沢寿明が主演する、WOWOWの新作オリジナルドラマ『連続ドラマW フィクサー』(2023年春、放送&配信予定)のティザービジュアルと特報が解禁となった。

【動画】『連続ドラマW フィクサー』特報

 『白い巨塔』『メイドインジャパン』『ハラスメントゲーム』で唐沢とタッグを組んできた脚本家の井上由美子が書き下ろす同作は、政界、財界、法曹界などを裏から操る“フィクサー”を主人公に、唐沢演じる主人公・設楽拳一の暗躍と金と権力に群がる人間たちを全3シーズンにわたって描く大型ドラマシリーズ。

 国の唯一の立法機関として国会が催される国会議事堂を背景に、拳一がソファに座り、不敵な笑みを浮かべているティザービジュアルには、「この国を操る、黒幕がいる―」というキャッチコピーが。拳一は表舞台では求められないところに役割がある、いわゆる“黒幕”。視聴者は未だかつてテレビドラマで描かれなかった領域に足を踏み入れることになる。あわせて解禁となった本編初出しの15秒の特報では、唐沢演じるフィクサーの底知れぬ存在感から目が離せなくなる、印象深い仕上がりとなっている。

 町田啓太、小泉孝太郎、要潤、斉藤由貴、内田有紀、小林薫らのレギュラー出演も発表されている。

■登場人物
設楽拳一(したら・けんいち)/唐沢寿明
 謎のフィクサー。政財界のトラブル収拾から企業間の揉め事回避まで、警察や法律では解決できない事案を処理する。彼がこれまでどんな人生を送ってきたのかを詳しく知る者はいない。この物語は拳一が服役を終えたところから始まる。現職総理の殿村は事故に巻き込まれる前に、拳一と電話で話していた…。

■渡辺達哉(わたなべ・たつや)/町田啓太
 大手新聞社政治部記者。母・響子は看護師で、シングルマザーとして達哉を育て上げた。何事にも真剣な母の生き方を尊敬しており、周りに流されることなく、真実を追い求める実直な男。今回起きた総理の事故の関係者に接触し、真相に近づこうとする。

■板倉晃司(いたくら・こうじ)/小泉孝太郎
 警視庁捜査一課刑事。ルールにとらわれることを嫌うアウトロー。総理を乗せた車の事故について事件性や違和感を覚えて、上司の助言も無視して捜査を進める。今回の一件に昔自分が関わった事件の関係者・設楽拳一の影が見え隠れしてきたからだ。

■丸岡慎之介(まるおか・しんのすけ)/要潤
 拳一の秘書兼運転手。ある一件以来、拳一と付き合いがある。義理堅い男で、受けた恩は決して忘れない。情報屋として政財界の裏情報を集めるばかりでなく、拳一の運転手もこなす片腕。寡黙で謎に満ちあふれており、余計なことには一切口を出さない。

■渡辺響子(わたなべ・きょうこ)/斉藤由貴
 達哉の母。都内の総合病院に務める新人看護師だった頃、ある男と出会い、交際をするうちに達哉を身ごもった。一人で子どもを産み、看護師をしながら息子を育て上げた。私立病院の女性師長として、患者や後輩に慕われる存在でもある。

■沢村玲子(さわむら・れいこ)/内田有紀
 報道番組の人気女性キャスター。ある事件を通して拳一と知り合い、お互いに通じ合う面があると認め合うようになった。総理の事故に関して拳一と情報交換をしているが、拳一が事件に巻き込まれるのではないかと心配している。

■須崎一郎(すざき・いちろう)/小林薫
 殿村政権下の副総理。ジェントルマンな立ち居居振る舞いで一見物腰は柔らかく、政党内でも強い発言権を持つが、本音では話さない怖さを持ち合わせた得体のしれない人物。実は拳一にとって、須崎は因縁深い相手だった…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ