プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

次に見たい最新韓国ドラマ!主人公の優しさに包まれて…心打たれる韓ドラ3選【ハングクTIMES】

『恋愛なんていらない』 (C)2022 KT StudioGenie Co.,Ltd All rights reservedの画像

『恋愛なんていらない』 (C)2022 KT StudioGenie Co.,Ltd All rights reserved

 こんにちは。韓ドラ大好きライターのなかまるです。今月は、正義感と優しさが100%出てきているのでは…?と疑うほど人格者な主人公たちが、困難に立ち向かっていく新作韓国ドラマ『シュルプ』『恋愛なんていらない』『ミッシング ~僕らがいた~』を紹介します。まっすぐに家族や周りの人を守るべく奮闘する主人公たちに心打たれること間違いなしです!

【写真】恋愛ドラマに人間ドラマも…”心打たれる”韓ドラ3選

■Pick1『シュルプ』

【あらすじ】
 時は、疫病が蔓延し世に不安が漂う500年前の朝鮮王朝時代。王妃は、毎日手のかかるトラブルメーカーの大君(正室である王妃の息子)たちの世話に追われていました。女性のところに入り浸るもの、寝坊助もの、勉学で最下位のもの…。後継ぎに決まっている世子は優秀ですが、他の息子たちは不出来で王妃は頭を悩ませています。しかし、そんな世子に病が発覚。側室たちがこぞって、世子の座を狙い始めました。

 後継者にふさわしいことを証明しようと、王子たちへの英才教育は熾烈になっていきます。王妃vs側室たちの争いに、吹き荒れる陰謀、裏で鍵を握る大妃の暗躍など、あらゆる事件が絡み合い、複雑化する王室を描いた物語です。

【見どころ】
 時代劇とは言えど、どこか現代の「お受験戦争」にも似たものを感じるこの作品。母たちはかけずり回りながら、戦略を立てたり抜け駆けしようとしたり…。子供よりも必死。特に、誰よりもたくましく波乱に立ち向かっていくのが、主人公の王妃です。今までの時代劇は、王の寵愛を受けることを一番とする王妃が描かれることが多かったですが、この作品はそれを打ち壊してくれるはずです。

 王妃ファリョンを演じるのは、ドラマ『未成年裁判』での好演が記憶に新しい、キム・ヘス。『未成年裁判』では、少年犯罪を嫌悪する冷徹な判事を演じていましたが、今作では陰謀の最中で味方すら見いだせないなか、必死に5人の息子(大君)を育てる母親に変身しました。

 タイトルのシュルプは、古代朝鮮語の言葉で「傘」を意味するそうですが、まさに「傘」のように王妃は息子たちを守り、奮闘します。時代劇で描かれがちな「ただ息子を王にしたい一心」ではなく、あくまでも母として「子を守りたい、幸せになってもらいたい」という気持ちが一番にあるところに、大きな愛を感じます。また同時に、現代を生きる私たちにとっても共感できることが多いのではないでしょうか。

 5人の息子(大君)はみんな個性豊かなキャラクターですが、一緒くたにしたりせず、それぞれを尊重した育て方をする王妃。ある意味、品位を一番と考える王妃のような立場としては異色に見えてしまうかもしれませんが、キム・ヘスのオーラと迫力が加わり、見事な“肝っ玉母さんっぷり”に繋がっています。息子たちを守る肝っ玉王妃、必見です。

 王妃ファリョンの次男、ソンナム大君を演じているのは、モデル出身の新人俳優ムン・サンミン。名門の成均館大学に在学しており、スタイル抜群、甘いマスクに優秀さも兼ね備える注目の若手俳優です。ドラマ『マイネーム』で新人刑事役を演じ、「あのイケメン刑事は誰?」と話題になりました。

 反抗的な態度を見せながらも、実はとても母親・兄弟思いの優しいソンナム大君。ツンデレな演技が、ムン・サンミンの整った顔立ちにピッタリハマっていて、ストーリー上での活躍が増えることを話数が進むたびについ願ってしまいます(笑)。

 ほかの大君たちとは違い、宮殿の外で育った過去があり、ミステリアスな面も魅力的。過去の秘密も含め、今後の継承者争いを大きく左右しそうな、キーとなる人物です。

 王妃ファリョンの長男であり、世子を演じているのは、ペ・イニョク。ドラマ『九尾の狐とキケンな同居』では、ヒロインに片思いをする先輩役でした。大学のビジュアルナンバーワンで財力もありと完璧な部分は、学問も武芸も長けている世子と同じですが、プレイボーイでちょっぴり片思いが空回りしていた『九尾の狐とキケンな同居』と比べると、ぐっと落ち着いて大人な雰囲気がアップ。

 子どもを2人抱える父という立場だからか物事を達観することができ、自分が病に倒れてもなお、兄弟や家族のことまで気を遣う姿は、癒やし麗しい…。優しい声も漂う品も素晴らしいです!ソンナム大君を小さい頃から可愛がっていて、2人の間の絆を感じられるシーンがたくさん。2人のケミにも注目です。

 三男のムアン大君は今作がデビュー作となる新人ユン・サンヒョン、四男のケソン大君はオーディション番組『PRODUCE 101 SEASON2』に出演し話題となったユ・ソンホ、五男のイリョン大君は子役としてあらゆる名作に出演しているパク・ハジュンなど、そのほか今後が楽しみなイケメン新人俳優たちが勢揃い。

 側室のトップであるファン貴人の息子で、世子の座を狙い、その座は自分がふさわしいと信じるウィソン君役は、『スカイキャッスル』で性格までパーフェクトな優等生を演じたSF9のチャニ。こんな悪い顔もできたのか…とびっくりさせられるはずです。

 また、脇を支える俳優陣も豪華。王の母で王妃の姑である、大妃を演じるのは、キム・へスク。『スタートアップ』や『賢い医師生活』など数々のドラマでお母さん役を務め、優しい国民的なオモニ(母親)のイメージがありますが、今回はガラリと異なり、恐ろしいくらいの威厳を持ち裏で手を引く戦略家の一面を見せる大妃を演じています。

 元々側室だったが息子を王に据えた大妃。国は王のもの、宮中は自分が握っていると考える強欲さが、後継者争いを加速させます。妃同士の戦いのように見えて、王妃とバチバチに対立する大妃が一番手強いような…。

 王であるイ・ホを演じるのは、チェ・ウォニョン。優しい微笑みの裏に何かあるのでは?と少し疑ってしまうような、あらゆる役柄を演じてきているベテラン俳優です。

 王は、王妃や息子のこと、国のこともしっかり考えている聖君ですが、今後の嫁同士の戦いの狭間でどう動くのか、そしてその戦いを先導する母の手綱までしっかり握ることができるのか…。突飛な行動が多く、予見できない王の行動も見逃せません。

▼配信情報
Netflixシリーズ『シュルプ』独占配信中

■Pick2『恋愛なんていらない』

【あらすじ】
 同じ家の一階と二階の上下で暮らす、番組プロデューサーとして働くク・ヨルムと、その20年来の親友、整形外科医のパク・ジェフン。ヨルムは、恋に失敗し担当番組まで打ち切りになり、どん底の最中、同期のやり手プロデューサーが作る大ヒット中の恋愛リアリティー番組『愛の王国』の手伝いを任されることに。そして、ジェフンも番組に出演することに!これをきっかけに2人の関係が変化していく、ラブコメディードラマです。

【見どころ】
 仕事に追われ、なかなか恋愛が上手くいかない番組プロデューサー、ク・ヨルムを演じるのは、イ・ダヒ。バリキャリ女性役だった『恋愛ワードを入力してください』では、無名俳優とのピュアな恋愛をする姿を見せてくれましたが、今回も常に後輩やスタッフを思いやりつつ仕事にプライドを持って取り組む、素敵な女性を演じています。

 普段はばっちりおしゃれをしてクールでかっこいいヨルムですが、泣いたり笑ったりと、感情豊かで見ているこちらも寄り添いたくなる魅力に溢れています。オンとオフの切り替えが爽快で、ファッションも見どころです。

 また、親友ジェフンとは悲しいことを分け合い、楽しいことは一緒に、と当たり前のように支えあっているヨルム。2人の優しさに溢れる関係性に、「こんな相手がいたらな」と羨ましく感じてしまうかも。運命共同体のようなヨルムとジェフンの恋愛は、いつ動き出すのか…ドキドキが止まりません!

 ヨルムの親友パク・ジェフンを演じるのは、韓国のマルチエンタテインメントグループ・SUPER JUNIORのシウォン。『彼女はキレイだった』の変人同僚役のイメージが強いのではないでしょうか?今作も、ヒロインをいつも励まし一緒に楽しんでくれるのですが、実は過去にトラウマがあり、仕事もプライベートも関心をなくしている傷ついた男性を演じています。

 影のあるイメージが湧かないシウォンですが、表情の緩急、男気を見せるときとおふざけするときのギャップに沼落ちです。

 長年ヨルムが好きで、甲斐甲斐しく世話を焼いてきたジェフン。片思いですれ違ったり、他の人に譲ってしまったりと切なくなることも多いのですが、ヨルムといる時だけとっても幸せそうな表情を見せてくれるんです…。胸がキュンとすること間違いなし。

 何気ない幼馴染2人の毎日にほっこりし、恋愛バラエティ番組のようなリアルでスピード感のある展開にハラハラドキドキしちゃいましょう!

 また、プロデューサーであるヨルムを支える新人プロデューサーキム・サンウ役は、ボーイズグループ・AB6IXのイ・デフィ。ヨルムに必要なことに誰よりも早く気づき、気配りができる優秀な後輩を演じています。可愛さが爆発していて、頼りにもなって…。こんな後輩が会社にいたら毎日楽しすぎます!今作が正式なドラマデビューだそうですが、そうは見えない。現代っ子ぶりも垣間見えて、ちょっぴりツンデレな感じもたまりません。

▼配信情報
U-NEXTにて見放題で独占配信中

■Pick3『ミッシング ~僕らがいた~』

【あらすじ】
 悪徳詐欺師を騙す詐欺師キム・ウク。詐欺師だけど、きちんと被害者たちのカネを奪い返してあげる人情派。ある日、偶然にも女性が誘拐される現場に遭遇してしまい、誘拐犯に自分も拉致されてしまう。逃げ出そうと格闘した末、崖から落ちてしまい、気がつくとヘドゥオン村の村人に助けられていた。

 しかし、その村で起こるのは不思議なことだらけ…。そこは“失踪”ということになり、死体が未だ発見されていない死者たちが住む村だったのです。ウクに見える死者たちの訴えを頼りに、現実に起こる事件を次々と解決していくファンタジーサスペンス。シーズン2も決定していて、ぜひ注目してほしい作品です!

【見どころ】
 主人公のキム・ウク役を務めるのは、『オクニョ 運命の女』で主演を演じ、日本での知名度が一気に高まったコ・ス。ウクは児童養護施設で育ち孤独な青年期を送っており、詐欺師ではあるものの、同じような寂しい境遇を持つ仲間たちと弱者を救う仕事をしています。そしてコ・スは、そんな野蛮さと狡賢さを持ち合わせている雰囲気を見事にまとっています。

 誰も見捨てることができない正義感のあるウクだからこそヘドゥオン村が見える。失踪者たちを助けるヒーローとなるべき人として描かれています。

 ウクと同じく、死者である村の人々が見える、チャン・バンソクを演じるのは、ホ・ジュノ。父も兄も俳優という芸能一家出身。最近も『スノードロップ』や『キングダム』など名作に出演するなど、欠かせない存在です。

 バンソク自身も、娘が失踪し探している1人。唯一の現世に生きるものとして村に住み、行方不明者の発見に繋げるため、日々捜索に出かけていました。ウクが訪れることによって、バディのような関係になる2人。現代っ子肉体派のウクと、ちょっとアジョシ(おじさん)なバンソクの凸凹なバディが、村にいる人々を成仏させるために奮闘する姿は、毎度涙腺崩壊です。

 ウクが目撃した誘拐されてしまう女性の婚約者であり刑事のシン・ジュノを演じるのは、ハ・ジュン。婚約者を必死に探しながら、事件を解決するべく必死にもがく姿は、こちらも心打たれます。生きていると信じ続けながらも、真実と向き合わなければいけない彼の葛藤に注目です。

▼配信情報
U-NEXT、Netflixなどで配信中

 今月のドラマPickはいかがでしたか?主人公たちの優しさにふれ、どんな困難にも真剣に向き合っていきたいなと思わされる作品ばかりでした。日々辛いことなどもありますが、周りの人に優しく振る舞えるような、包容力のある人を目指していきましょう!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ