プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

吉田美月喜、破ったポスターを元に戻す“超能力”を披露

主演映画『メイヘムガールズ』(11月25日公開)の完成披露試写会イベントに登壇した吉田美月喜の画像

主演映画『メイヘムガールズ』(11月25日公開)の完成披露試写会イベントに登壇した吉田美月喜

 モデル・俳優の吉田美月喜が10日、都内で開催された映画『メイヘムガールズ』(11月25日公開)の完成披露試写会イベントに登壇。同作で、超能力を手に入れた女子高生を演じ、自らも“超能力”を体得したという吉田は、ポスターを破って元に戻す“超能力”(“手品”ともいう)を披露。ともに登壇した木戸大聖から「さっきタネとか言ってなかった?」と突っ込まれても、吉田は「超能力です!」と言い張り、会場を沸かせた。

【画像】“超能力”を披露する吉田美月喜と井頭愛海

 同作は、感染症が充満する社会で、文化祭や体育祭など、今までであれば学生時代に経験するはずだった青春のイベントが次々と中止になり、思い出作りのチャンスを奪われ続け、制限だらけの毎日にストレスを抱える女子高生たちが、突如超能力を手に入れたことから始まる。窮屈な日常からサスペンスと恋に満ちた非日常に変わってゆく、爽快な青春サイキック・エンタテインメント。

 この日、吉田とともに、超能力を手に入れた女子高生を演じた、井頭愛海、神谷天音、菊地姫奈は劇中の制服姿で登壇。吉田は「ここにいるメインの4人は全員が年齢も近いので撮影は和気あいあい。撮影中に不安があってもかなりリラックスして話すことのできた現場でした」と懐かしそうに撮影を回想した。ワイヤーアクションにも初挑戦し、「キャスト全員がワイヤーアクションに挑戦するのが初めてで、器具の付け方など一から教えていただきました。難しかったけれど、魅力的なシーンになっています」と見どころに挙げていた。

 撮影は昨年12月下旬に行われた。井頭は、クリスマスイブに行われた撮影を振り返り、「監督がクリスマスケーキを買ってきてくださって、それをみんなでおいしく食べて季節を感じました」とうれしそうに報告。菊地が「その後に4人でお好み焼きを食べに行った」と明かすと、女子メンバーは「全然クリスマスらしくないよね!」と爆笑しつつも、吉田は「女子4人での充実したクリスマスでした!」と声を弾ませていた。

 これに木戸は「お好み焼き!? 初めて聞いた! 僕も一緒に行きたかった! それにケーキ? 食べてない!」とまさかの仲間外れに大ショック。すかさず。藤田真一監督が「その撮影日にいなかったからね…」とフォローし、笑いを誘っていた。

 主題曲「ンーィテンブセ」を書き下ろしたあのの完成を祝福するコメントが紹介されると、吉田は「私自身があのさんのファンなので、主題歌を書き下ろしてくださると聞いてびっくりしてうれしかった。映画にある疾走感と、あのさんにしか出せない若者の気持ちをすべて代弁してくれているような気持ちが曲から感じられて、素晴らしい楽曲だと思いました」と感謝。井頭も「私たちの映画のために楽曲を書き下ろしてくださったことにビックリ!」と驚いていた。

 藤田監督は念願の完成に触れて「完成までにいろいろと苦労した作品ではありますが、コロナでいろいろあったりなかったりしながら、とにかく今日から皆さんに観ていただくことができて、作品もやっと完成したのではないかと思います」としみじみと語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ