プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

【3150FIGHT】W世界タイトルマッチ決定 谷口将隆&重岡銀次郎が世界挑戦 竹原慎二もエール

『3150FIGHT vol.4』ダブル世界戦カード発表会見に登場した(左から)谷口将隆、亀田興毅、重岡銀次郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

『3150FIGHT vol.4』ダブル世界戦カード発表会見に登場した(左から)谷口将隆、亀田興毅、重岡銀次郎 (C)ORICON NewS inc.

 プロボクシング元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏が11日、都内で『3150FIGHT vol.4』ダブル世界戦(1月6日 エディオンアリーナ大阪 第1競技場)カード発表会見を行った。

【動画】あまりの衝撃に亀田興毅も絶句!?強烈ビンタを炸裂させた竹原慎二

 メインイベントとして、WBO世界ミニマム級タイトルマッチの谷口将隆(王者/2度目防衛戦)VSメルビン・ジェルサェム(1位/2度目世界挑戦)、IBF世界ミニマム級タイトルマッチのダニエル バラダレス(王者/初防衛戦)VS重岡銀次郎(5位/初世界挑戦)のダブル世界タイトルマッチが発表された。

 ファウンダーを務める興毅氏は「昨年からボクシングジムの会長にならせていただいて、そこからプロモーターになったんですけど、興行数でいうと4回目、そこでこれだけ大きい試合を開催できることを感謝しています。『3150FIGHT』でボクシングをもっと稼げるスポーツに、そして憧れのスポーツにしたいという思いでやっている」と開催への思いを込めた。

 さらに会場には元世界ミドル級王者の竹原慎二が登場。竹原は興毅氏について「現役時代はいろんな意味でボクシング界をにぎわせていましたけど(笑)、今はすごいいい盛り上げ方をしているので楽しみです。いい興行をしているなと思いますね」と褒めると、興毅氏は「すごくうれしい思いです。竹原さんと一緒に盛り上げていけるように、引き続き力を貸していただけたらと思います」と言葉を交わした。

 今大会はABEMAで無料生放送が決定しており、興毅氏は最後に「今回は豪華な世界戦が無料で見れる。世界一を決めるこの歴史的試合を一人でも多くの人に届けたいと思っています」と呼びかけた。

 またアンダーカードとして、スーパーフライ級4回戦の森本竜馬VS芝野浩記、ウェルター級4回戦の福重浩輝VS藪吹リョー、フェザー級8回戦の中川麦茶VS山下賢哉の対戦も発表された。さらなる追加カードは後日発表となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ