プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

初のレギュラー化『新マグロに賭けた男たち 2023』配信決定 “悲運の漁師”山本秀勝さんの日常にも迫る

Paraviオリジナル『新マグロに賭けた男たち2023〜地獄の海で一獲千金〜』独占配信決定(C)Paravi(C)TAIGA PROの画像

Paraviオリジナル『新マグロに賭けた男たち2023〜地獄の海で一獲千金〜』独占配信決定(C)Paravi(C)TAIGA PRO

 マグロ漁に密着する人気番組『マグロに賭けた男たち』の新作となる、Paraviオリジナル番組『新マグロに賭けた男たち 2023~地獄の海で一攫千金~』が、同サービスで12月から独占配信されることが決まった。これまでは特番の形で放送されてきたが、配信オリジナルで初めてレギュラー化され、来年にかけ全10話のシリーズとなる。

【写真】361キロの巨大マグロを釣り上げた松方弘樹

 青森・大間のマグロ漁師たちに密着取材し、20年にわたり続くドキュメンタリー番組。今回も、かつて3年もマグロが釣れなかった悲運の漁師・山本秀勝さん、その長男・剛史さん、若手ナンバーワン漁師の南芳和さんら、さまざまなマグロ漁師たちの船に乗り、約2ヶ月にわたる長期ロケを行う。

 今シーズンは、マグロが滅多に現れないマグロ不漁の「地獄の海」となったが、その分釣り上げれば値段は跳ね上がるとあって、まさに一攫千金の闘いに挑む男たちをカメラが追う。

 さらに、これまで描ききれなかった、知られざる漁師の素顔や暮らしなども丁寧に伝える。大間で一番有名な漁師となった悲運の漁師・秀勝さんの生い立ちや、意外な半生、またSNSでも人気の高い秀勝さんの愛猫ピコ太郎との日常の様子も届ける。

 大間漁港には約700名の組合員が所属し、そのうち120名ほどがマグロ漁師だが、海に出ない日もある。海に出ない漁師たちが、どのように過ごしているのかなど、テレビ放送では紹介していなかった様子も追いかける。

■高木将人プロデューサー コメント
大間のマグロ漁師さんの取材を始めてから、もう20 年が経ちました。今回は、Paraviオリジナルとして初めての配信!しかも全10話!ということでワクワクしています!
大間の漁師さんたちは「男気のカタマリ」のような人たちですが、一方で皆さん“とんち”のきいた冗談が大好きで面白い魅力的な人ばかりです。
今シーズンは、巨大マグロとの手に汗握る格闘はもちろん、テレビでは放送していなかった大間漁師さんたちのひと味違う魅力もお伝えします!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ