プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

日本の音楽番組史上初ランキングで“歌姫ベスト100”紹介 堺正章も驚き「予想を覆す」

『歌のゴールデンヒット ~歴代歌姫の1番売れた歌ランキングBest100~』の模様(C)TBSの画像

『歌のゴールデンヒット ~歴代歌姫の1番売れた歌ランキングBest100~』の模様(C)TBS

 TBSでは、堺正章、内田有紀、藤井隆がMCを務める『歌のゴールデンヒット ~歴代歌姫の1番売れた歌ランキングBest100~』を、17日に放送する(後8:00)。

【ライブ写真】足腰しっかり!75歳の衰え見えない熱唱する堺正章

 過去8回にわたり、日本の歌謡史をさまざまなテーマで紹介、同局に眠る秘蔵映像で余すところなくお送りしてきた『歌のゴールデンヒット』。9回目となる今回のテーマは、歴代歌姫たちの「1番売れた歌」で、日本の音楽番組史上初となる音楽ランキングとともに大発表する。

 これまではレコードとCDの売り上げ枚数でランキングを集計していたが、今回は「シングルレコード・CDの売り上げ枚数」に加えて、「ダウンロード数」「ストリーミング再生数」の異なる3つのデータを公正にポイント化し、オリコン54年分の膨大なデータを集計した。

 初公開のランキングには、日本の音楽シーンを時代ごとに彩ってきた数々の歌姫たちに加え、令和の新世代の歌姫もランクインしており、これまでのランキングを覆す予想不能な内容が見どころだ。令和の時代ならではの最新オリコンランキングとして番組で大発表。歴代歌姫の1番売れた曲にまつわる知られざるエピソードや超貴重映像ともに紹介していく。

 パネラーは高見沢俊彦、陣内智則、中川翔子、黒沢かずこ(森三中)、日向坂46の佐々木久美と齊藤京子と、各年代のタレントが集結。昭和からの歌謡界の歴史を詳しく知る堺を中心に、「歌って答えるイントロクイズ」や、見事ランクインしたスペシャルゲストの「スペシャルライブ」などバラエティに富んだ企画を行っていく。

■堺正章
番組は2年ぶりですが、また再会できたことは大変うれしく思います。今回のランキングは、前回のような僕らが知っているCDやレコードの売上枚数とは全然違う、予想を覆すようなランキングなので楽しみにしていただけたらなと思います。今や音楽ランキング番組はなかなか見られなくなりましたが、『歌のゴールデンヒット』は歌の歴史と世相を反映した時代時代を見ていただくランキングになっています。いろいろな想いを、時代を超えて馳せることができるのがこの番組の魅力だろうと思いますので、ぜひご覧になってください。

■内田有紀
本当に新鮮なランキングになっています。各世代の歌姫がいて口ずさめたり、思い出を語りあったりもできますので、私もこの番組が大好きでまた視聴者のような気持ちでスタジオにいてしまいました。スペシャルゲストも出演しますが、私と同世代の歌姫だったので心を揺さぶられて本当に感動しました。圧倒的な歌唱や歌詞を見ている方にも感じていただけたらと思います。

■藤井隆
TBSならではの貴重な映像が盛りだくさんで本当に誇れるシーンがいっぱいあったので、ぜひご覧いただけたらと思います。特にランキングの中の紹介で、日本を代表してピラミッドの前で歌っている女性歌手がいて、これは誇りだなと震えました。絶対見ていただきたいです。

■高見沢俊彦
この番組を見ていただければ日本の歌姫全てが分かるというくらい、TBSの膨大な資料を基にランキングを紹介するところが凄いなと思いました。ただちょっと(収録が長くて)疲れました(笑)。

■陣内智則
本当にどの世代の方も楽しめる音楽番組になっていると思います。ただ、久しぶりに観客が途中で帰る姿を見ました(笑)。日をまたぐ収録は久しぶりで、一体感が生まれやり切った感があります(笑)。

■中川翔子
昭和・平成・令和の時代をずっとタイムスリップしているような感覚があり、あっという間でとても楽しかったです。そしてほぼ全ての曲を口ずさむことができました。ぜひ家族全員で口ずさんでいただきたいほど画期的な番組なのと、全く予想できないランキングも楽しみにしてください。

■黒沢かずこ(森三中)
テレビを作られてきた大先輩たちと一緒に今の音楽ランキングを見ているこの空間が幸せで、すごく思い出に残りました。

■佐々木久美
初っ端の100位から驚きの連続でしたが、アイドルをやらせていただいている身として、ランキングをスタジオで見届けられたのはすごくうれしかったですし、どの世代の方も楽しんでいただけると思います。

■齊藤京子
改めて音楽は人の心や感情を動かすステキなものなんだなと、すごく実感した番組に参加させていただきうれしく思いました。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ