プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

池坊専宗氏、博多華丸・大吉に“いけばなの極意を伝授”「正解、不正解がある世界ではないです」

池坊専宗氏の画像

池坊専宗氏

 華道家・写真家の池坊専宗氏が4日、NHK朝の情報番組『あさイチ』に出演した。「華道家元池坊」の四十五世家元・池坊専永さんの孫で、次期家元の池坊専好さんを母に持つ華道界のプリンス。自身も待望の“あさイチ・デビュー”で、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉と博多華丸にいけばなの極意を伝授し、新たな魅力を振りまいた。

【写真】お花とともに…穏やかなほほ笑みを見せた池坊専宗氏

 専宗氏は、慶応大理工学部入学後に理系から“文転”して東大法学部に合格・卒業した異色の経歴を持つ30歳。いけばなは「命を見つめること。人付き合いと一緒で、いいところも悪いところもあって、それを許容するのが人情。いけばなは人間の生き方とつながっています」と語る。自身のいけばなや自然美、京都の暮らしなどを撮る写真家としても活躍している。

 あさイチ番組内ではこの日、博多大吉と博多華丸が専宗氏に“入門”した。白Tシャツに黒のジャケットを羽織るシンプルな装いで登場した専宗氏。まず、「いけばなは正解、不正解がある世界ではないです。目の前の植物と命を通わせる、自分と交流する、ということです。きょうはリラックスしてやってください」と語りかけた。

 また、いけばなの理念を説いたとされる、室町時代後期の「池坊専応口伝」のレプリカを紹介。子孫にあたる専宗氏は、当時の時代背景に加えて、「命と命の通い合いを大切にする」という精神について丁寧に説明した。併せて、秋から冬にかけての命の移ろいをテーマにした専宗氏のいけばなが紹介された。

 博多大吉と博多華丸が取り組んだテーマは「癒やしの花」。パープルファウンテングラス、キイチゴなどの葉物と、小菊とリューココリーネといった花を、水を張った竹の器に生けた。専宗氏は「いい具合じゃないでしょうか」と物腰柔らかく話しかけ、“風を感じる”“花の表情を生かす”というポイントについて「ふわっとした優しい風が通るといいと思います」「お花は心を写します」など、的確なレクチャーをしていった。

 30歳とは思えない、落ち着きぶり。専宗氏は「年老いた巨木みたいだね、と言われたこともあります」と笑いながらこぼれ話を明かした。最後に、2人のいけばなを端的な表現で講評。“弟子入り”した2人は、いけばなの奥深さにうなりっぱなし。博多華丸は「(専宗氏の)優しさがまた刺さるのよ、剣山のように」と独自表現で、専宗氏に感心しきりだった。

 高校では数学を熱心に学び、東大では法学を学んだ秀才。柔和な雰囲気を醸し出し、物事の本質を分かりやすい言葉で伝えてくれる。テレビのコメンテーターや文筆業など活躍の幅を広げており、“文化人”としてさらなる飛躍が期待できそうだ。

 池坊専宗(いけのぼう・せんしゅう)、1992年1月20日、京都市生まれ。東大卒業時に成績優秀として「卓越」受賞。東京・日本橋三越本店、京都・高島屋などでいけばなを多数出瓶し、自身のいけばなを撮影するなど写真家としても活動している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ