プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

貴島明日香、プロポーズ受けて“15歳上の夫”とハグ 久保田悠来と“新婚生活”開始 『わた婚4』第1話【ネタバレ】

『私たち結婚しました 4』に出演した久保田悠来&貴島明日香(C)AbemaTV, Inc.の画像

『私たち結婚しました 4』に出演した久保田悠来&貴島明日香(C)AbemaTV, Inc.

 俳優・久保田悠来(41)と貴島明日香(26)が“夫婦役”で共演する、ABEMAオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました 4』(毎週金曜 後11:00)の第1話が4日、1時間スペシャルとして放送された。

【写真】ベッドイン…久保田悠来&貴島明日香の“新婚”2ショット

 韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された結婚モキュメンタリー『私たち結婚しました』の日本版リメイクとなり、「もしも、あの芸能人たちが結婚したら…!?」をテーマに、芸能人同士の7日間の結婚生活に密着する。今シーズンでは、久保田と貴島、俳優・瀬戸利樹と紺野彩夏の2組の“夫婦”が参加している。

※以下、ネタバレあり

■初のラブミッション “おでこコツン”でプロポーズ

 第1話は、初対面の久保田と貴島がそれぞれ緊張の面持ちで出会いの場へ向かうシーンからスタート。久保田は「家族とは別の一番の味方ができる。そういう存在になれたら」と結婚生活への意気込みを語った。一方、貴島は「バチバチに甘やかされたい。普段、あまり弱音を吐いたりとかするのが結構苦手」と自身を分析。そして「それを取っ払ってくれるくらい余裕のある方が好き」と、結婚生活への期待感をあらわにしていた。

 対面のシーンでは久保田が扉を開き、階段の上で待つドレス姿の貴島のもとへ到着。あいさつを交わして「めちゃめちゃ緊張してました」と告白する貴島に対し、シリーズ最年長の夫となる久保田は、余裕のある大人な雰囲気でリードした。

 その後、『わた婚』シリーズ初のラブミッションとして、久保田が貴島の顔に手を添えて“おでこコツン”をしながらプロポーズ。「ずっとその笑顔を見ていたいです。幸せにします。一緒にいてください」と語りかけ、夫婦としての誓いを立てた。この言葉を聞いた貴島はハグで返事をした。

 プロポーズを終えた久保田は、「よく笑ってくれる奥さんなので、(その笑顔を)たくさん出していけたらいいなと思います」とコメント。貴島は「息するのを忘れてました。めちゃめちゃときめいたからハグしました」と振り返り、久保田について「すごい一緒にいて楽しい人」と語り、“15歳差夫婦”の結婚生活をスタートさせた。

■新居に2人ともゲーム持参

 結婚生活を送る新居に足を踏み入れると、ダイニングキッチンや広いベッドルーム、屋上のテラスなどにはしゃぐ様子を見せた2人。それぞれ持ってきたものを紹介し合うと、偶然にも互いに違うゲーム機を持ち寄っていたことが判明し、“ゲーム好き”な一面が垣間見えることになった。

 そして、夫婦で初めての共同作業として、貴島の大好物のカレーライスを作ることに。手際よく野菜を切る貴島に対し、むいた野菜の皮を床にたくさん落としてしまった久保田。その様子に貴島が思わず「お兄さん!落としてますよ!(笑)」とツッコむ場面もあった。しかし最後には、できあがったカレーを「おいしい」と言いながら頬張り、結婚生活初日から親密な雰囲気を見せた。

 スタジオゲストには、シーズン3に登場した川島海荷が登場し、2人のプロポーズの様子を見て、「思い出しますよ。本当に記憶にないくらい緊張した」と自身の結婚生活の始まりについて回顧。「自分の心臓の音が聞こえるってこういうことかって思う感じ」と、当時味わった緊張感を明かしていた。

 そしてシリーズ最年長の40代での出演となる久保田について、川島は「新しいわた婚が見える」と期待感もあらわに。朝の情報番組で共演経験がある貴島については「お酒を飲むと陽気になる」と明かした。

 同じく貴島と共演経験があるお笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿は、妻として結婚生活を送る貴島を“きじあす”と呼びながら、「俺らの知ってる明日香じゃない」「甘えている感じが合って可愛かった」と普段は見れない一面に驚きの様子。

 結婚生活初日の終わりをベッドですごす2人の様子を見た川島は、「まだまだ変化していくと思いますね。今見えてない姿が見たい」と今後の夫婦の変化に期待を募らせ、松尾は「(貴島の)緊張した感じを普段見ないので新鮮」と、番組でしか見られない意外な一面を楽しんだ。

 第1話は、ABEMAで無料配信中。公式インスタグラムでは、久保田と貴島の結婚生活オフショットなどが楽しめる。さらに新シーズン放送開始を記念し、7日~25日まで『私たち結婚しました』シーズン1・2・3が順次全話無料配信される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ