プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

山崎貴監督で新作『ゴジラ』2023年11月3日公開決定 『シン・ゴジラ』以来、国内30作目

山崎貴監督による“ゴジラ”新作映画、2023年11月3日公開決定 TM & (c) TOHO CO., LTD.の画像

山崎貴監督による“ゴジラ”新作映画、2023年11月3日公開決定 TM & (c) TOHO CO., LTD.

 配給大手の東宝は、「ゴジラの日」である3日、『シン・ゴジラ』(2016年)以来となる“ゴジラ”の新作映画を2023年11月3日、来年の「ゴジラの日」に劇場公開することを発表した。監督・脚本・VFXは、山崎貴が務める。

【画像】「ゴジラ」30作目の監督を務める山崎貴

 日本の怪獣映画の金字塔「ゴジラ」。1954年に1作目となる『ゴジラ』の公開以降、国内29作品、アニメーション3作品、ハリウッド版4作品(うちモンスターバースシリーズが3作品)を含めた、計36作品のゴジラ映画作品が制作され公開されてきた。昨年は、TVアニメシリーズ『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』が放送され、ゴジラ映画として36本目、ハリウッド版の4作目にあたる『ゴジラvsコング』が大ヒットした。

 2024年にゴジラ生誕70周年を迎えるのに先駆け、日本のゴジラ作品30作品目という節目の作品を手がける山崎監督は、自身もゴジラのファンであることを公言してきた。自身が監督した『ALWAYS続・三丁目の夕日』でも冒頭にゴジラを登場させたり、西武園ゆうえんちのアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド」で映像監督を務めるなど、ゴジラとゆかりのある山崎監督が、満を持してゴジラ最新作に臨む。

 「ゴジラの日」は、1954年(昭和29年)11月3日に、怪獣映画『ゴジラ』の1作目が封切られたことを記念し、東宝が制定したもの。近年、「ゴジラ・フェス」と称したイベントを開催し、コロナ禍の2020年、21年はオンライン配信で継続、7回目となる今年は東京国際フォーラム地上広場で3年ぶりにリアル開催されている。YouTube LIVE(Godzilla Channel ゴジラ(東宝特撮)チャンネル)でも無料で楽しめる。

■監督・脚本・VFX:山崎貴のプロフィール

 1964年、長野県松本市生まれ。幼少期に『スターウォーズ』や『未知との遭遇』と出会い、強く影響を受け、特撮の道に進むことを決意。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業後、1986年に株式会社白組に入社。『大病人』(93年)、『静かな生活』(95年)など、伊丹十三監督作品にてSFXやデジタル合成などを担当した。

 2000年『ジュブナイル』で監督デビュー。CGによる高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFXの第一人者。『ALWAYS 三丁目の夕日』(05年)では、心温まる人情や活気、空気感を持つ昭和の街並みをVFXで表現し話題になり、「第29回アカデミー賞」最優秀作品賞・監督賞など12部門を受賞。『永遠の0』(13年)、『STAND BY ME ドラえもん』(14年)は、それぞれ「第38回アカデミー賞」最優秀作品賞ほか8部門、最優秀アニメーション作品賞を受賞。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ