プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

声優・楠木ともり『ニジガク』優木せつ菜役を降板 病の影響で「ずっと悩んでた」【コメント全文】

楠木ともりの画像

楠木ともり

 声優の楠木ともりが、遺伝性疾患「エーラス・ダンロス症候群(関節型)」の診断を受け、人気コンテンツ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」(ニジガク)優木せつ菜・中川菜々役を降板することが1日、公式サイトで発表された。

【写真】1ヶ月前は元気な姿を見せた楠木ともり…泣けるニジガク声優たちからのコメント全文

 2017年のデビュー以来、さまざまな活動をしてきたが、2021年春頃より身体に痛み・痺れを伴う症状が生じて、医師の診察を受けていた楠木。それを受け、ライブなどでは一部活動を制限していたが、楠木の所属事務所のサイトでは「通院を重ね、検診を進めた結果、2022年9月、遺伝性疾患「エーラス・ダンロス症候群(関節型)」との診断を受けるに至りました」とし、「医師からは現状、快方の見込みは低く、身体的負荷によっては進行も起こりうる疾患であるため、引き続き、身体に過度に負荷のかかる運動は控えること、とのお話をいただいております」と報告。

 これを受け「ラブライブ!」のサイトでは「この度、優木せつ菜・中川菜々役 楠木ともりに関して所属事務所より、かねてからの身体の状態について検診を重ねた結果、病名が確定し、今後ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会における継続的なライブ活動が困難と判断されたという報告があり、それに伴い降板の申し出を受けました」と経緯を説明し、「本件に関して、製作委員会内で慎重に協議を重ねた結果、本人の病状をふまえ、この申し出を受け入れることといたしました」と報告。

 「楠木ともりは、2023年3月31日をもって虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の活動を終了いたします。この度は応援いただいている皆様にご心配をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げます」と伝えた。

 また、スマートフォン向けアプリゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」については、上記活動期間に関わらず、収録済のストーリーまで「CV.楠木ともり」による公開を続け、優木せつ菜・中川菜々役を引き継ぐキャストにつきましては現在選考中とし、決まり次第発表する。

 また、楠木本人からの直筆コメントも公開され、「突然のことで驚かせてしまってごめんなさい。みんなには長い間心配や迷惑をかけてしまって、結果このような形になってしまうのはどうなのかな…って、ずっと悩んでたけど、楽屋モニターで見たステージに立つみんながあまりに眩しくて可愛くてかっこよくて」と心境。

 「こんな姿をずっと見たいな、見てほしいなって思ったのがひとつの決定打でした。これからもみんなの力で、せつ菜にいろんな景色を見せてあげてほしい!どうかよろしくね!」とファンに呼びかけた。

 最後に「改めて、どんな状況でも優しく支えてくれたみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。またごはん行こうねって言ってくれたのも最高にうれしかった!本当にありがとう!!もちろん行くよ!!みんな大好き」とメンバーたちに感謝の気持ちを伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ