プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

楠木ともり「エーラス・ダンロス症候群」と公表 『ニジガク』優木せつ菜役は降板

楠木ともりの画像

楠木ともり

 人気コンテンツ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』優木せつ菜役などで知られる人気声優・楠木ともりが遺伝性疾患「エーラス・ダンロス症候群(関節型)」であると、所属事務所を通じて1日に公表した。

【写真】1ヶ月前は元気な姿を見せた楠木ともり…泣けるニジガク声優たちからのコメント全文

 楠木をめぐっては昨年9月、大きな動きを伴う運動を続けると筋肉に痛みや痺れが生じやすい症状が出ていることについて医師から症状を抑えるのが困難であるという診断を受けたため、大きな動きを必要とするダンスに関し、今後は差し控えていくことが報告されていた。

 この日の発表では、楠木の現状について「2017年のデビュー以来、様々な活動を重ねてまいりましたが、2021年春頃より身体に痛み・痺れを伴う症状が生じたため、医師の診察を受けるに至りました」と説明。「その際、医師からは、生来の体質により大きな動きを伴う運動を行うと疼痛の生じやすい状態にあるとの診断を受けており、以降、自身の活動、及び、参加するすべてのコンテンツでの稼働におきまして、大きな動きを必要とするダンス等、身体的負荷が生じると思われる動作に関しましては差し控えさせていただいておりました」と伝えた。

 その後、通院を重ねて検診を進めた結果、「2022年9月、遺伝性疾患『エーラス・ダンロス症候群(関節型)』との診断を受けるに至りました」と報告。「医師からは現状、快方の見込みは低く、身体的負荷によっては進行も起こりうる疾患であるため、引き続き、身体に過度に負荷のかかる運動は控えること、とのお話をいただいております」としている。

 「弊社といたしましては、今後も自身の活動、及び、参加するすべてのコンテンツでの稼働において、診断に基づいた対応を施し、楠木ともりの健康管理に努めてまいります」とし、「応援してくださる皆さま、並びに関係各位にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解を賜り、温かくお見守りいただけますと幸いです」と呼び掛けている。

 これに伴い、人気コンテンツ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(ニジガク)優木せつ菜・中川菜々役を降板すると同日、公式サイトで発表された。

 公式サイトでは「この度、優木せつ菜・中川菜々役 楠木ともりに関して所属事務所より、かねてからの身体の状態について検診を重ねた結果、病名が確定し、今後ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会における継続的なライブ活動が困難と判断されたという報告があり、それに伴い降板の申し出を受けました」と説明。

 「本件に関して、製作委員会内で慎重に協議を重ねた結果、本人の病状をふまえ、この申し出を受け入れることといたしました」とし、「楠木ともりは、2023年3月31日をもって虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の活動を終了いたします。この度は応援いただいている皆様にご心配をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 楠木は、アニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』レン役、『魔王学院の不適合者』ミーシャ・ネクロン役などで知られる人気声優で、アーティスト活動もしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ