プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『SAO』大ヒット記念特典の小説『七日目』5日より配布 20日に松岡禎丞ら参加の舞台あいさつ開催

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』大ヒット記念特典の小説(C)2020 川原礫/KADOKAWA/SAO-P Projectの画像

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』大ヒット記念特典の小説(C)2020 川原礫/KADOKAWA/SAO-P Project

 人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の新作映画『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-冥き夕闇のスケルツォ』(10月22日公開)の新情報が発表された。25万人限定で大ヒット記念特典として、原作:川原礫氏書き下ろしによる特典小説『七日目』が配布されることが決定した。カバーイラストは原作イラストレーターのabec描き下ろしとなっており、5日より配布される。

【画像】かっこいいアスナ!4D版上映限定来場者の特典

 また、さらに、20日には大ヒット御礼舞台あいさつも決定し、新宿バルト9にて松岡禎丞(キリト役)、川原礫(原作・ストーリー原案)、リモート出演、河野亜矢子(監督)、三木一馬(チーフプロデューサー)、大澤信博(チーフプロデューサー)が参加する。

 『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、「SAO」物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を深く掘り下げていく、作者・川原礫氏によるリブート・シリーズ。

 2021年に『プログレッシブ』を原作とした完全新作アニメーション映画シリーズが始動。キリトからヒロインのアスナへ視点を変えて再構築し、新たなアインクラッド編を描いた第1弾映画「星なき夜のアリア」は、週末興行収入ランキングで初登場第1位を記録し、全都道府県で10週間にわたるロングランヒットとなった。「冥き夕闇のスケルツォ」は、その続編となっている。

 『ソードアート・オンライン』シリーズは、川原礫氏による小説が原作。主人公のキリトが、仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件に巻き込まれる物語。シリーズ累計2600万部を突破する人気作品で、2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、第3期まで放送。2017年には劇場版も公開された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ