プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ミシュラン星獲得のラーメン店「蔦」大西祐貴さん、急性心不全で死去 43歳 “猫に咬まれ”は「事実無根」「故人が一番悲しんでいる」

ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」オーナーシェフ・大西祐貴さんが死去の画像

ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」オーナーシェフ・大西祐貴さんが死去

 ラーメン店として世界で初めて「ミシュランガイド」の星を獲得した「Japanese Soba Noodles 蔦」(東京・代々木上原)のオーナーシェフ・大西祐貴さんが今週、急性心不全のため死去した。43歳だった。23日、同店の公式サイトなどで公表された。また、同店の関係者がORICON NEWSの取材に応え、一部ニュースで「猫に咬まれ」などと報じられたことを「まったくの事実無根」と否定した。コロナ禍も踏まえ、通夜・葬儀は家族や近親者のみで行うという。

【写真】 ラーメンの魅力を世界に広めた大西祐貴さん ツイッターでは英語でも訃報伝える

 同店は23日、公式サイトで「Japanese Soba Noodles 蔦 一同」の名義で、「Japanese Soba Noodles 蔦オーナーシェフ大西祐貴が享年43歳にて急逝いたしました。ここに生前のご厚誼に心より感謝し謹んでお知らせ申し上げます」と、大西さんの訃報を伝えた。

 続けて「大西祐貴は、世界で初めてミシュランの星を獲得したラーメン店『Japanese Soba Noodles 蔦』を創業し、国境を越えて世界的にラーメンの人気を確立させた、才能に満ち溢れたシェフでした。ご親族、ご友人の皆様と喪に服すと共に、世界中のスタッフが一心となり、故大西祐貴の遺志を継げるように努めてまいります」とつづった。

 公式ツイッターやインスタグラムでも同じ文面を掲載するとともに、海外のファンに向けて英語でも投稿された。ありし日の大西さんがラーメン作りに励む写真なども公開され、悲しみのコメントが殺到している

 一方、大西さんが今月14日に投稿したツイートをめぐり、非公式な情報が拡散する形となった。大西さんが「昨晩愛猫に左手を本気で咬まれ、今朝起きたら腫れていて激痛です。湯切りと鍋を持つことが困難だったので、おやすみしとりあえず今から皮膚科に行ってきます」などと記していたことから、これが死因ではないかと憶測が広がった。

 ORICON NEWSの取材に対し、同店の関係者は「猫に関する報道がされていますが、そういうことはありません。まったくの事実無根です」と遺族らが困惑している状況を説明。大西さんは14日のツイート後に仕事復帰もしていたといい、「こうした報道がなされ、故人が一番悲しんでいると思う」と沈痛に語った。

 大西さんは、2012年に「Japanese Soba Noodles 蔦」を東京・巣鴨を創業。自然素材と製法にこだわった味わいで、16年「ミシュランガイド」でラーメン店として世界で初めて一つ星を獲得した。19年に現在の代々木上原に移転。海外出店やJAL国際線機内食など世界にその名を知らしめながら、コンビニエンスストアのカップ麺プロデュースなど身近な存在でもあった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ