プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

なにわ男子・大西流星が「僕と友達になってくれない?」と話かける 映画『この子は邪悪』本編映像

映画『この子は邪悪』(9月1日公開)(C)2022「この子は邪悪」製作委員会の画像

映画『この子は邪悪』(9月1日公開)(C)2022「この子は邪悪」製作委員会

 俳優の南沙良、なにわ男子・大西流星らが出演する映画『この子は邪悪』(9月1日公開)より、南が演じる主人公・窪花(くぼ・はな)と大西が演じる四井純、幼なじみだった2人が改めて友達になるシーンを切り取った本編映像と、ウサギを抱いた純の場面写真が解禁となった。

【動画】幼なじみだった純と再会するシーンの本編映像

 父・司朗(玉木宏)が営む心理療法室で飼っているウサギが逃げ出し、慌てて追い駆けた花が目にしたのは、ウサギを抱いた純だった。花を見上げた純は「かわいいね、やっぱりウサギ飼ってたんだね」と話し、続けて「ねぇ、僕と友達になってくれない?」と声を掛ける。

 突然の出来事に茫然とする花は「え?」と聞き返すが、慌てた純は「ごめん、5年前の事故の事をネットで知って…」と言い、「どうして…」と聞く花に、「いや、違うんだ、たまたま見つけちゃって。何か、僕と似てるなぁって思って。僕も、お母さんが病気で、ずっと話す事もできないんだ」と純が言う。純の告白に一瞬言葉を失う花だったが、純が「ちょっ、くすぐったいよ」と無邪気に笑う姿を見て、安心してわずかに微笑む花だった。

 約1年前の7月7日にクランクインした本作の撮影では、35℃を超える真夏日が続く中、繊細なウサギを扱う上でも、温度調整は欠かせなかった。しかし、物語の中心となる窪家は古い家屋だった事もあり、エアコンが設置されていなかったため、現場にはスポットクーラーが多数用意され、スタッフ総出でウサギ用の環境整備が行なわれた。そんなウサギとの撮影は、キャスト陣にとっても一服の清涼剤だったという。

 本作は、映画『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などを生み出した、映像企画とクリエイターの発掘プログラム『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017』の準グランプリ作品を映画化したもの。監督・脚本は、ドラマ『ネメシス』、映画『ノイズ』などの脚本を手がけ、「さよなら、ムッシュ」などの小説も執筆し、本作が長編3本目となる新鋭・片岡翔が務めている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ