プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

AI、2児の子育てで歌手としての変化を実感 マツコ「新しいお母さん像」

6日放送『マツコ会議』に出演するAI (C)日本テレビの画像

6日放送『マツコ会議』に出演するAI (C)日本テレビ

 シンガー・ソングライターのAIが、6日放送の日本テレビ系バラエティー『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)に出演する。

【写真】AIの新たな母親像にマツコが直撃

 朝ドラの主題歌で話題になった「アルデバラン」を引っ提げて全国35公演のツアーの真っ最中だというAI。19歳でデビューし、2005年に発売した「Story」で紅白歌合戦に出場を果たした。14年には、音楽集団カイキゲッショクのリーダー・HIROと結婚し、2人の子どもにも恵まれて毎日子育てに奮闘している。

 忙しい日々を送っているAIは、子育ては夫のHIROと分担制で行っていて、AIが電動自転車に子どもたちを乗せて、毎日送り迎えをしているという。AIは「電動自転車は、この世で一番すばらしい発明品。こぎ始めた途端、スッキリしてイライラが吹っ飛びます」と語る。

 家庭と仕事を両立するために奮闘しているが、デビュー20周年のツアーでは、家族から40歳の誕生日をサプライズしてもらったこともあるという。こういった家族と一緒に過ごす時間や子育ての中で、AIはアーティストとしての自分自身の変化を感じているそう。

 マツコも「結婚する前や子どもを産む前のAIちゃんが歌うのとは、また違う意味になってきているのが、すごくわかった。いろいろな愛を表現するものが全然変わっていくんだけど。なんか新しいお母さん像よね」と驚きながら、その素顔に迫っていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ