プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

二宮和也、最新主演映画の出演裏に嵐への思い 『日曜日の初耳学』で“演技”に関する秘話が続々

7日放送「日曜日の初耳学」に出演する林修、二宮和也 (C)MBSの画像

7日放送「日曜日の初耳学」に出演する林修、二宮和也 (C)MBS

 人気グループ・嵐の二宮和也が、7日放送のMBS/TBS系バラエティー『日曜日の初耳学』(毎週日曜 後10:00)に出演する。林修氏が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する「インタビュアー林修」では二宮が2週にわたって登場。ハリウッドデビューの舞台裏から最新作まで、今だから話せる「演技」に関する秘話が続々と飛び出す。

【動画】かまいたちがナレーション、タングの秘密に迫る新たな動画が公開

 14歳でドラマデビューし、ジャニーズ初のハリウッド進出を果たすなど、俳優としても高い評価を得る二宮。共演者たちが語る、その類まれなる才能とは。そして、そんな二宮が明かした知られざる葛藤とはいったい。

 転機ともいえるのが、23歳の時に出演したクリント・イーストウッド監督作の映画『硫黄島からの手紙』。オーディションを受けることを決めた意外な動機や、二宮を驚かせたハリウッドならではのスケール感あふれる体験、そして撮影期間を過ごした渡辺謙との秘蔵エピソードなどを明かす。また、作品が注目を浴び俳優としての評価を上げる一方で、葛藤も抱えていたという二宮の当時の胸の内とは。

 日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した映画『母と暮らせば』で共演した吉永小百合をして「天才」と言わしめ、大御所脚本家・倉本聰氏からも絶大な信頼を得る二宮が、自身の演技について語る。本番直前までゲームに没頭している二宮流役作りの真意、そんな二宮がこれまでにない取り組みをしたというのが最新主演作『TANG タング』。作品への想いとともに出演裏に秘められていた嵐への熱い想いを明かす。

 今回の特集「初耳トレンディ」のテーマは、「夏の逆効果トレーニング」。起きてすぐの体操やトレーニングの効率はどうか、など、知らないとせっかくのトレーニングが台無しになってしまう逆効果トレーニングを、専門の医師や、美と健康のプロであるアン・ミカからギャル曽根、磯山さやかとともに学んでいく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ