プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

こがけん、故郷の“元カノ”サプライズを暴露 映画『プアン/友だちと呼ばせて』トークイベントに登壇

映画『プアン/友だちと呼ばせて』(8月5日公開)公開直前トークイベントに登壇したこがけん、バズ・プーンピリヤ監督の画像

映画『プアン/友だちと呼ばせて』(8月5日公開)公開直前トークイベントに登壇したこがけん、バズ・プーンピリヤ監督

 アジアの巨匠ウォン・カーウァイがプロデュースし、サンダンス映画祭でも絶賛された映画『プアン/友だちと呼ばせて』(8月5日より全国順次公開)のバズ・プーンピリヤ監督が4年ぶりに来日を果たし、2日に東京・新宿武蔵野館で開催された公開直前トークイベントに出席。監督の前作『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の大ファンだという映画大好き芸人こがけんも登壇した。

 前作『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』が国内外で数々の賞を受賞し、その評判は、『花様年華』『恋する惑星』などの作品で知られる香港の映画監督ウォン・カーウァイの耳にも届き、自らプロデュースを熱望したのが、『プアン/友だちと呼ばせて』だった。サンダンス映画祭では、ワールドドラマティック部門でクリエイティブ・ビジョン審査員特別賞を受賞している。

 同映画は、米ニューヨークでバーを経営する青年ボスのもとに、バンコクで暮らす友人のウードから数年ぶりに電話が入る。ガンで余命宣告を受けたので、帰ってきてほしいというのだ。バンコクに戻ったボスが頼まれたのは、元恋人たちを訪ねる旅の運転手。カーステレオから流れる思い出の曲が、2人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。忘れられなかった恋への心残りに決着をつけたウードを、ボスがオリジナルカクテルで祝い、旅を仕上げるはずだった。だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける。ラストからもう一つの物語が始まる、驚きのストーリー展開が話題となっている。

 会場には、前作『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の舞台あいさつにも参加していたという熱烈なファンもいた。バズ・プーンピリヤ監督は、盛大な拍手に包まれ登壇すると、「温かい歓迎をありがとうございます。本当に日本に戻ってこられてうれしい」とあいさつ。今回は巨匠ウォン・カーウァイプロデュースということで、その経緯を聞くと「前作『バッド・ジーニアス~』を見て気に入ってくれた。話をくれて、すぐに承諾しました」と、巨匠からのラブコールだったことを改めて明かした。

 主演の2人のキャスティングに関しては、「タイ全土の男性俳優から選んだと言っても過言ではない。この2人しか考えられない、この役のために生まれてきたような2人」と大絶賛。物語の重要なアイテムとなるカクテルに関しては、「もともとお酒が大好きで、映画製作をしているときにバーをオープンする計画があり、それを取り入れました。実際撮影でも使用しています」と話した。

■元カノに会った時の経験を映画に反映

 こがけんは、タイの正装スア・プララチャターンを着て登場し、「サワディー・カップ!」とタイ語であいさつ。さらに衣装について、「タイシルクというくらいなのでシルクが織り込まれててめちゃくちゃ軽くて着心地がいいです」と意気揚々と説明するも、監督は「着たことがない」と言い、「着てないんかい!」と思わず突っ込み。あまりに似合うこがけんは自らを、「監督の付き人にしか見えない」と自虐的に笑いを誘った。

 映画の感想を聞かれると、こがけんは「エモすぎてオーマイガー! 死ぬまでにやりたいことムービーなんですけど。前半ウードの話だと思ってたら中盤から急にボスの話が立ち上がって、舞台もタイからニューヨークに移って、見え方がガラッと変わる。さすが『バッド~』の監督! (余命モノは)主人公の死は避けられないと思うんですが、そこにゴールが設けられてなく、違うところにゴールがあって、そのゴールが悲しいものではなく希望に満ちあふれてる」と、まくし立てた。

 ウォン・カーウァイがプロデュースを買って出たことについても「前作は実話がベースでしたが、パーソナルな作品を撮った方がもっとすばらしいものになるのではないかと思ったんだと思う。ウォン・カーウァイ特有のネオンやカラフルな色彩、テープに元カノの名前が書いてあって、それで章立てしているのもウォン・カーウァイの提案だったり。(元カノの一人の)女優のヌーナーが劇中劇の演技で銃を撃つのですが、その弾がウードに命中して胸から血を流すというファンタジーの演出のバランスがすばらしいんです。安っぽくないギリギリ感にセンスを感じます」と、興奮気味に熱烈プレゼンを繰り広げた。

 自分がウードの立場だったら、と聞かれると「元カノには会いに行かないですね。元カノに会いに行くってめちゃくちゃ身勝手な行為、家庭もあるし、結婚してる人がほとんど。居場所突き止めて会いに行くとか、通報されて終わりですよ。それが違和感だったんですけど、でもそれが見事に回収されていくのがすごいと思った」と返した。

 さらに自身の経験を振り返り「去年、久留米の観光大使に選ばれて、そのイベントに来ていたのが全員自分の小中高の知り合いで、最後に記念品を渡しに来たのがまさかの元カノでした! 久しぶりに言葉を交わしましたが、このような依頼は断る時はマジで断らないといけないよ、って言いました。市役所がそんなサプライズを仕掛けてくるなんて」と、びっくりエピソードも披露していた。

 劇中の元カノの描写は、監督自身の元カノをモデルにしているそうで、「ちゃんとリサーチするために元カノとしゃべってこなきゃ、とウォン・カーウァイに言われて(元カノたちと)話してきました。元カノに会った時の実際の経験があの映画の通りなんです」と衝撃発言。こがけんは「アリスだけですよ、いい感じだったのは。ほかは全部微妙でしたから」と、監督の苦労をねぎらった。

 また、この日のために「プアン」ネタを用意してきたというこがけん。まずは自身の紹介を兼ねたおなじみの「ハリウッドモノマネ」を披露。バーで自分の奥さんの文句を言っていたら、入口でこちらをにらみつけながら立っている奥さんを見つけた時の男のネタを展開するも、監督からは微妙な反応。続けて『プアン~』のワンシーンで「ウードを元カノに会わせるためにバイクに乗った若者を買収するボスのやたらスタイリッシュなお金の渡し方」を披露すると、会場は拍手喝采、監督も「こっちのほうがおもしろい!」と大喜びだった。

 最後にこがけんは「青春のロードムービーだと思ってみたらまさかの展開、さすがバッドの監督。ちゃんと仕掛けが待っている。こんなにワクワクしたことないし、この映画を観た時、『うわっ、映画だ!』って思った。映画でやれるすべてがつまってて感動した。ぜひこの映画を体験してほしい」とコメント。プーンピリヤ監督は、「『プアン~』をどうぞよろしくお願いします。この映画の旅を皆さん一緒に楽しんでください」と、呼びかけていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ