プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

マーベル・スタジオ『シー・ハルク』8・18スタートに変更、カメオ出演匂わせ動画も公開

上がシー・ハルクで下がハルク=オリジナルシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』8月18日午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始(C)2022 Marvelの画像

上がシー・ハルクで下がハルク=オリジナルシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』8月18日午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始(C)2022 Marvel

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信予定の、マーベル・スタジオ新作ドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(全9話)の配信開始日が、8月17日から1日ずれて18日午後4時に変更となった。2話以降も毎週木曜日に配信される。また、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)キャラクターのカメオ出演を匂わせる特別映像が解禁となった。

【動画】カメオ出演にも言及した『シー・ハルク』特別映像

 同ドラマの主人公は、MCUに新たに誕生する“ハルクのパワー”を備えた新ヒーロー〈シー・ハルク〉。主人公のジェニファー・ウォルターズは、正義感に溢れる弁護士としてバリバリ働いていたが、突然ある事故をきっかけに“最強のパワー”を得てしまい、さまざまな騒動に巻き込まれていくことになる――。

 「そうです、私がシー・ハルクです」と語りかけるシーンから始まる特別映像では、ジェニファー役のタチアナ・マスラニーが「ジェニファーはハルクの血液に接触したことによって変身してしまった」と、シー・ハルク誕生のきっかけを明かし、ケヴィン・ファイギが「法廷に立つ約200センチのハルクの姿は奇妙で何だかシュールです」と、斬新すぎる設定を解説。

 ジェニファーの同僚マロリー・ブック役のレネイ・エリース・ゴールズベリイは「本作は、みんながよく知っている法廷ドラマと、知っているつもりのマーベルのドラマをそのまま合体させました」と、コメディとアクションが絶妙な塩梅で掛け合わさっている本作の魅力を語る。

 先日公開された予告編では異色のヒーロー・デッドプールのように、ジェニファーが画面に向かって観客に語りかける演出(=“第4の壁を越える”と呼ばれる)が描かれると、SNSでは「軽く第4の壁破ってません? 最高じゃん」「語りかけてくるシーン何なの! めちゃくちゃ面白そう!」と、すでにファンの間で話題に。

 本作のプロデューサー兼脚本家のジェシカ・ガオは「コミックでは、シー・ハルクは第4の壁を打ち破っていて、それはメタだったの」と、原作コミックの設定を踏襲していたことを明かす。

 さらに予告編のラストには、あの”ヒーロー”らしき姿が映し出された事も大きな話題となったが、特別映像内では、ジェニファーが「毎週のようにカメオ出演があるようなドラマじゃないからね。ブルースとかは出るけど…あとはブロンスキー…そして、ウォン…」と、観客の期待を代弁する、ユーモラスなシーンが垣間見え、毎週訪れるサプライズ要素への期待を煽った。

 同作はコメディ要素だけでなく、ジェニファーが一人のヒーローとして成長する姿も見どころの一つ。監督のカット・コイロは「彼女は、長年苦労して弁護士になったので、今さらヒーローにはなりたくないの」とジェニファーの抱える葛藤について言及。彼女が「普通の弁護士でいたい」と悩みながらも、“ハルクのパワー=自分の個性”を受け入れ、人生を謳歌する姿を描いていく。

 最後にハルク役のマーク・ラファロは「これは画期的なドラマなんです」と語っており、ケヴィンも「マーベル・スタジオ作品の概念を超える」と自信を見せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ