プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松丸亮吾、町田市の“課長”就任「一日市長ではなく、長いこと課長を勤めることに」

『まちだ謎解きゲーム』内のテーマをモチーフにした特別役職として、“異星人特別対策課 課長”に任命された松丸亮吾の画像

『まちだ謎解きゲーム』内のテーマをモチーフにした特別役職として、“異星人特別対策課 課長”に任命された松丸亮吾

 謎解きクリエイターの松丸亮吾が7月22日、東京・町田市で開催される回遊型謎解きイベント『まちだ謎解きゲーム』の初日開会式に参加。主催の町田市から、“異星人特別対策課 課長”に任命された。

【動画】謎解きが始まるワクワク感…松丸亮吾率いるRIDDLER考案の『まちだ謎解きゲーム』オフィシャルムービー

 このイベントは、町田市、町田市観光コンベンション協会、町田市商店会連合会の3団体と、松丸亮吾率いる謎解きクリエイター集団「RIDDLER(リドラ)」がタッグを組み、11月13日までの約4ヵ月間にわたり開催されるもの。新型コロナウイルス感染症の影響によって、催事が中止になった観光スポットや商店街の賑わいの創出や、町田市への興味関心の向上や来訪促進を目的に企画化された。

 開会式で松丸には、石阪丈一市長から「この企画でもっと町田市を盛り上げてほしい」という“上司命令”とともに、“異星人特別対策課 課長”と書かれたタスキを贈呈。松丸は、「よくある一日市長ではなく、長いこと課長を勤めることになりました。ゲーム内に登場する異星人に立ち向かう組織“異特対”と、参加者の皆さんで協力して町田を救いましょう」と、意気込みを語った。

 松丸らが考案した本作は、『“異星人侵略の危機からの脱出<町田消滅篇>“』と題され、異星人侵略から町田市を救うというという物語。「ぽっぽ町田 町田ツーリストギャラリー」で謎解きキット(1,100円)を購入し、スマートフォンアプリ「LINE」を使用して、次々と出題される謎を解いていく。松丸は、「購入したキットに書いてある指示に従いながら、町田の駅周辺を歩き回って、どんどん謎を解いていきます。カフェや飲食店で休憩したりなど、街全体を楽しみながらプレイしましょう」と、町田の街を楽しめる内容であることをアピール。

 続けて、「物語を進めると、思いもよらぬ展開が待ち受けていたりするので、その度に、ひらめき力を駆使しながら、“異特対”と協力して謎を解いてゴールを目指してみてください。最後の謎は超難関になっていますが、クリアすると特別なプレゼントがもらえるので、ぜひ挑戦してください」と締めくくった。

 なお、10月以降には、ストーリーがつながる第2弾の開催も予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ