プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『テニプリ』ED演出で「君が代」話題 真田が独唱で「急に歌い出した」「すげぇ」

『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』のキービジュアル(C)許斐剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクトの画像

『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』のキービジュアル(C)許斐剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

 テレビアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』の第5話が3日深夜(4日)、テレビ東京系で放送された。エンディングでは、本来の映像&テーマ曲「Dear Friend」(テニプリアーティスターズ)が流れず、登場キャラクター・真田弦一郎が「君が代」を歌う演出シーンとなり、ネット上で「『君が代』が流れた瞬間スタッフロールが流れる さすがテニプリだ笑」「君が代をEDに使うのテニプリくらいだぞ」「急に歌い出した」「君が代をEDにするとかやべぇ」と話題になっている。

【動画】EDで「君が代」…本来流れる予定だった『テニプリ』ED映像

 第5話「番狂わせ」は、ついにW杯(ワールドカップ)本戦が開幕する。初戦のギリシャを倒した日本の次なる対戦相手はオーストラリア。ダブルスを組んだ幸村&真田ペアは、オーストラリアを応援する会場の空気に押されてしまい本来のプレーができなくなってしまう。

 そんな流れを断ち切るため、真田は唐突に「君が代」を熱唱。この熱唱したシーンでは、スタッフ&キャストロールが流れ、エンディング曲として扱う演出に。

 本来のエンディング曲は流れず、第5話は「君が代」をエンディング曲にした演出となり、ネット上では「久しぶりにテニプリ見たら、真田は君が代歌い出してそのままED突入」「君が代がEDになるアニメ見たのはじめてだよ」「テニプリ、今回のエンディングソングは君が代でした」「今日のテニプリのEDは君が代です。中学生男子の独唱でした」「テニプリのEDが君が代独唱で大草原」「やりやがったテニプリw」などと反応している。

 『テニスの王子様』は1999年から2008年まで『週刊少年ジャンプ』、09年から第2シリーズ『新テニスの王子様』として『ジャンプスクエア』で連載がスタートしたテニス漫画。01年10月よりテレビ東京系でテレビアニメ化され、その後、イベントや映画化などもされた人気作品。今作は、2012年3月まで放送された『新テニスの王子様』以来、10年ぶりのテレビアニメ化となり、2014年にリリースされたOVAシリーズ『新テニスの王子様 OVA vs Genius10』の後の物語が展開される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ