プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中島裕翔“正樹”が既婚者に、吉川愛“冴”はショック受ける 『純愛ディソナンス』第4話あらすじ

『純愛ディソナンス』第4話に出演する中島裕翔、吉川愛 (C)フジテレビの画像

『純愛ディソナンス』第4話に出演する中島裕翔、吉川愛 (C)フジテレビ

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔主演のフジテレビ系連続ドラマ『純愛ディソナンス』(毎週木曜 後10:00)第4話が4日に放送される。このほど場面写真・あらすじが公開された。

【写真】一途な幼なじみ役の高橋優斗(HiHi Jets)

 同作は、中島演じる音楽教師・新田正樹と、吉川愛演じる生徒・和泉冴の純愛を軸に、タブーと背中合わせの2人の関係が、周囲の人物を巻き込んで、やがて“ディソナンス=不協和音”を奏でていく純愛×ドロドロ“純ドロ”ストーリー。2部構成となる同作では、高校を舞台とした教師と生徒の禁断の恋から始まり、第3話からは5年後に舞台を移す。成人した冴と再会を果たした正樹だが、彼には妻がいた――。

■第4話あらすじ

冴は、「美南彼方」の名で小説家として活躍している愛菜美(比嘉愛未)と再会を果たす。その愛菜美が、「私の夫」といって冴に紹介したのは、何と正樹だった。ショックを受けた冴は、シェアハウスに戻っても一睡もできないでいた。

あくる朝、冴と莉子(畑芽育)は、慎太郎(高橋優斗※高=はしごだか)から、新たにシェアハウスの住人となる村上晴翔(藤原大祐)を紹介される。晴翔は、19歳のフリーターだった。

冴がアルバイトをしている「コアスパーク」では、セカンドパートナーを探すためのマッチングアプリ「セカプリ」の新規登録者獲得を目的に、イベント会社と組んでパーティーを企画していた。社長の路加(佐藤隆太)から意見を求められた冴は、相手がいるにも関わらず他の相手との出会いを求めること自体が理解できず、不倫を推奨するふしだらな場、などと発言する。すると路加は、冴の言葉を遮り、「自分の気持ちが満たされないとき、その心の隙間をパートナーだけじゃ埋められないことはよくある。その感情を否定する時代はもう終わった」と返す。

一方、正樹が勤める「モノリスエステート」は、管理しているタワーマンションの住人たちから、会計報告書に偽造が見つかったとして、賠償金3億円を求められていた。正樹は、住人側のリーダー的な存在である医師・倉持の弱みを握って黙らせ、事態を収束させようと動き始める。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ