プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

二宮和也、映画初映画・かまいたちの“俳優にはない魅力”に感心「現場で出せるのがすごい」

『TANG タング』に出演する二宮和也 (C)2015 DI(C)2022映画「TANG」製作委員会の画像

『TANG タング』に出演する二宮和也 (C)2015 DI(C)2022映画「TANG」製作委員会

 俳優・二宮和也の主演映画『TANG タング』(11日公開)において、二宮と映画初共演となるお笑いコンビ・かまいたちによるインタビュー映像が解禁された。

【動画】二宮和也×かまいたちインタビュー映像

 二宮演じる妻に家を追い出されたダメ男、春日井健が出会ったのは、迷子のポンコツロボットタング。壊れかけのタングを厄介払いするつもりの健だったが、冒険の中でタングの記憶には“大きな秘密”が隠されていることを知る。

 そんなタングを狙い執拗(しつよう)に追いかけてくる悪役が、謎の組織に所属する大釜仁(濱家隆一)と小出光夫(山内健司)。二宮との共演について「最初ドッキリだと思っていた。現場行って二ノさん見た時にホンマやな」と信じられなかったそう。二宮は「あれ、この人たち緊張してるな…!?」と当時の印象を振りつつ、出来上がった作品に対しては「2人の関係性がちゃんとあるので、俳優さんには無い間の感じや安心感があり、それは俳優さんにはない物のひとつだと思うので、それを現場で出せるのがすごい」と感心した。

 公開まで1週間を切り、濱家は「二宮さんの良さ、僕らの良さも存分に出た映画になっています。二宮さんのダメなかわいらしさ、タングのポンコツなかわいらしさを楽しんでください」と見どころをハリウッド俳優ばりに決めて伝えようとするも、二宮から思わずツッコミ。山内は「一番見てほしいのは、俺が主役のニノさんを食っちゃてるとこ」と自信満々に紹介していた。

 締めの二宮は「タングのいろんな動きや感情を見ていただけたらうれしいなと思います」としっかりアピール。失われたタングの記憶が持つ秘密はもちろん、タングを追う小出と大釜の正体にも注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ