プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

北野武、監督映画『首』めぐる週刊誌報道に反論「金の問題ではない」

北野武 (C)ORICON NewS inc.の画像

北野武 (C)ORICON NewS inc.

 映画監督の北野武が3日、所属事務所の公式ホームページを更新。同日配信の『デイリー新潮』で、自身の監督作『首』の契約をめぐってトラブルになっていると伝えられたことを受け、反論コメントを寄せた。

【写真】観客から大きな歓声が…!イタリアのファンにリモートで挨拶をした北野武

 『デイリー新潮』では、同作は昨年10月にクランクアップして、編集作業も9割方終わっているものの、KADOKAWAと契約面をめぐってトラブルになっており、事実上の“お蔵入り”状態であると報道。KADOKAWA関係者、たけしの知人の見解を伝えていた。

 これを受け、たけしは「また俺と喧嘩している週刊誌が馬鹿な事を書いている。『首』は俺の最後の映画ではない。今、他の映画の準備をしている真っ最中だ。『首』については、撮影当初からKADOKAWAに早く契約を結んでくれとお願いしていたんだけど、編集作業に入ってもまだ契約してくれないので、やむを得ず作業を止めた。何人かのスタッフも契約内容に納得がいかず、クランクアップまで契約をしていない人がいたらしい」とのコメントを発表。

 続けて「俺の場合も同じで、今になっても契約できていない。金の問題ではなくて、KADOKAWAが提案してきた契約の内容があまりに一方的な内容だったので、こっちとしては、法律に従った公平な内容にしてくれとお願いしていただけで、無理な注文なんてしていない。契約してくれれば編集作業も再開するよ」とした。

 その上で「あと、今度の映画にネットフリックスが関わるかもしれないということも、後から聞いたことで、それに関して金の要求なんて一切していない。KADOKAWAは、『製作総指揮角川歴彦』というクレジットを載せろとも言ってきた。KADOKAWAの今までの映画を見ると全部そうなっていて、笑ってしまう。この週刊誌は嘘ばっかり書くので、これからはこちらで本当の話を伝えます」との思いをしたためていた。

 4日発売の週刊誌『週刊新潮』では、今回のトラブルについて詳報するとしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ