プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

綾小路きみまろ、充実の河口湖ライフを明かす コロナ禍で仕事減も農作業「“農耕接触”です」

“農耕接触”生活を明かす綾小路きみまろ (C)ORICON NewS inc.の画像

“農耕接触”生活を明かす綾小路きみまろ (C)ORICON NewS inc.

 漫談家の綾小路きみまろ(71)が3日、都内で著書『人生は70代で決まる』(幻冬舎)の5刷り記念トークショー&サイン本お渡し会を開催した。

【写真】著書を片手にピース!ご満悦な笑顔をみせた綾小路きみまろ

 きみまろは、ブレーク前の40代のころに富士山に魅了され、移住した。酷暑の夏の過ごし方を問われると「河口湖に住んでいます。東京と、だいたい4度から5度違う。ポンポコ農園という畑をやっておりまして、朝6時ぐらいから農作業を2時間ぐらいやっています。夕方の5時半ぐらいの涼しくなってから、また2時間近く夜の部を」と充実の河口湖ライフを語る。

 コロナ禍で、芸能の仕事も激減。「お仕事もありませんので農作業を。一生懸命、耕す。“農耕接触”ですね」とにやり。取材会とあって、きみまろの声を拾うために報道陣が笑いを我慢すると「ホントはもっと面白いんですよ」とちゃめっ気たっぷりに返し、これにはたまらず笑いが広がっていた。

 52歳でブレークしてから約20年。本作は、71歳でも第一線で漫談を続け、中高年を魅了するきみまろの“老い”の知恵を散りばめた一冊となる。5月に発売されると人気を集め、現在は5刷りまで行われているベストセラー作になっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ