プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『僕の姉ちゃん』第2話あらすじ “姉”黒木華のアドバイス受け“弟”杉野遥亮が映画デートへ

8月3日放送『僕の姉ちゃん』に出演する(左から)杉野遥亮、黒木華(C)テレビ東京の画像

8月3日放送『僕の姉ちゃん』に出演する(左から)杉野遥亮、黒木華(C)テレビ東京

 俳優の黒木華と杉野遥亮が出演するテレビ東京のドラマ『僕の姉ちゃん』(毎週木曜 深1:00)の第2話が、8月3日深夜に放送される。

【場面写真】映画デートを楽しむ久保田紗友&杉野遥亮

 原作は、雑誌『anan』(マガジンハウス)で長期連載されている、年の離れた姉弟のユーモラスな会話を描く益田ミリ氏の同名漫画。輸入家電の会社に勤める30歳の姉・白井ちはるを黒木、冷凍食品メーカーに勤める社会人1年目の23歳、素朴でまっすぐに育ってきた弟・白井順平を杉野が演じる。両親が海外赴任で不在の白井家での2人のユーモラスな掛け合いが見どころとなる。

■第2話あらすじ
順平は気になる同期・美穂子(久保田紗友)が、自分に気があるのではないかと思い、機嫌良く帰宅する。しかし、自宅で食卓を囲みながら、ちはるにその話をしてみたところ、ちはるから「その女、あんたの手に負える女じゃないよ」と断言されてしまう。

後日、順平は美穂子と映画に行くことになる。ちはるのアドバイスは「女の本気度は毛でわかる」だった。素直でまっすぐな性格の順平は思わずギョっとし、女の子に幻滅するような余計なことを言わないでほしいと思いながらも、いざデートとなると、映画の中身よりも美穂子の指が気になってしまうのだった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ